スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!ザ・グリソムギャング10周年記念マンスリー③ 「いちご白書」&「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」


祝!ザ・グリソムギャング10周年記念マンスリー③ 
「いちご白書」「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」
1910_01_01_02.jpg THE STRAWBERRY STATEMENT©1970 Metro-Goldwyn-Mayer, Inc.; Renewal ©1998 Turner Entertainment Company. All Rights Reserved
18720_01_01_02.jpg ©1971 Paramount Pictures Corporation

<開催期日>
8月18日(土)

<上映作品>
「いちご白書」
(1970 米 監督ステュワート・ハグマン 出演ブルース・デイビソン キム・ダービー バッド・コート)
公式HP http://eiga-ichigo.com/ 

「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」
(1971 米 監督ハル・アシュビー 出演バッド・コート ルース・ゴードン トム・スケリット)
公式HP http://sky-way.jp/ziggy/

<イントロダクション>
おかげさまでシネマバー ザ・グリソムギャングも本年8月3日で10周年を迎えることができます。
紆余曲折、試行錯誤の連続でしたが、こうして10年間続けてこられたのも、ひとえにお客様の御贔屓の賜物と感謝しております。
そこで10周年を記念して、洋画路線で始まったザ・グリソムギャングの初心に戻り、「大脱走」、「ウエストサイド物語」、「いちご白書」、「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」と言う、アメリカ映画の傑作群を3週に渡ってお届けします。
デジタル化の波が本格化している2012年ですが、今後もフィルム上映にこだわり続けるザ・グリソムギャングの10周年は上記4作品はもちろん、シークレット作品、予告編大会も含め全てフィルム上映で行います。
また、全日映画上映後に、ザ・グリソムギャングに縁の深いゲストをお招きしての「ザ・グリソムギャングヒストリー」トークショーも開催。
10年の足跡と、フィルム上映が困難になっていく2013年以降の展望を語り合います。
10周年記念マンスリー第3週目はアメリカンニューシネマの中でもひときわ異彩を放つ傑作2本「いちご白書」「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」をお楽しみいただきます。
上映後のトークショーでは、当館ゲスト最多回数を誇る中野昭慶監督と、やはり当館上映イベントに数多くゲスト参加されている脚本家金子二郎さんをお招きし、ザ・グリソムギャングとの出会いと思い出を語っていただきます。
イベント終了後は10周年記念パーティーも開催。
映画好きによる映画好きのための饗宴にぜひご参加ください!

<ゲストプロフィール>
中野昭慶(なかの てるよし)
1935年、満州安東出身。
1959年、日本大学芸術学部を卒業し、東宝砧撮影所に入社。
1962年、円谷英二特撮監督に師事して東宝特殊撮影技術班の助監督となり、1969年、クレージーキャッツ主演の『クレージーの大爆発』で特技監督デビュー。
1971年、東宝を退社した2代目特技監督の有川貞昌に代わって、東宝3代目の特技監督に就任。
1970年代以降の東宝製作の特撮映画の特撮監督として活躍。「ゴジラシリーズ」や『日本沈没』等のパニック物、『連合艦隊』、『大日本帝国』等の戦争物、『火の鳥』をはじめとするファンタジー映画を演出。
1981年、フリーの特技監督となり、東映の戦争三部作を演出。
1984年、約10年ぶりに復活したゴジラ映画『ゴジラ』で、恐怖の存在としてのゴジラを演出。
1985年、金正日の招きで北朝鮮を訪れ、怪獣映画『プルガサリ』の特撮監督を務めた。

金子 二郎(かねこ じろう)
1962年、東京都出身。
東京都立調布南高等学校、東洋大学文学部英米文学科卒業。日本脚本家連盟会員。
父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝である。兄は映画監督の金子修介。一時期、金子弦二郎の名義で執筆。
代表作に「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」(1999年 金子弦二郎名)「The iDol」(2006年)「Girl's BOX ラバーズ☆ハイ」(2008年)「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」(2011)「青いソラ白い雲」」(2011)などの劇場映画の他、「ウルトラマンマックス」「百鬼夜行抄」「ケータイ捜査官7」などテレビシリーズ多数。
<ジロッカーの世界征服計画 密かに世界征服を企む脚本家金子二郎のブログ>http://blog.livedoor.jp/jirocker_guitar/

<タイムテーブル>
13時~ 「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」上映
14時40分~ 休憩
15時~ 「いちご白書」上映
16時50分~ 休憩
17時~ トークショー「思い出のグリギャンイベント史」 ゲスト 中野昭慶監督金子二郎さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの10周年記念パーティーあり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
10周年パーティー参加費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります(6月11日より予約開始します)。
cineka2@yahoo.co.jp
「いちご予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。









スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。