スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画④ 映画監督利重剛特集Vol.1 「ザジ ZAZIE」&「教訓Ⅰ」&「Empty night」


ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画④ 映画監督利重剛特集Vol.1 
「ザジ ZAZIE」「教訓Ⅰ」「Empty night」jsa0149s_l.png

<開催期日>
7月8日(日)

<上映作品>
「ザジ ZAZIE」
(1989 監督・脚本利重剛 出演 中村義人 宮崎萬純 RIKACO 松下由樹)
「教訓Ⅰ」
(1980 監督利重剛
「Empty night」 (1987 監督・脚本利重剛 主演室井滋)
※「ザジ ZAZIE」は35ミリフィルム、「教訓Ⅰ」、「Empty night」は8ミリフィルムでの上映


<ストーリー>
「ザジ ZAZIE」
伝説のパンクロッカー“ザジ”が五年ぶりに東京に戻ってきた。就職した会社を辞め、自分自身を見つめ直すため、彼はビデオカメラでありとあらゆるものを撮影し始める。やがてザジの周りには、想いを寄せるウェイトレスやOL、バンドを再結成しようと近づくかつてのバンド仲間、彼をカリスマ視する青年などが集まってきた。だがザジへの憧れが強くなりすぎた青年・砂田は、ビデオばかり撮り続けるザジに怒りを覚え、自らが仕掛けた事件にザジを巻き込むのだった…。

「教訓Ⅰ」
ある日突然、高校に徴兵制が敷かれ、戦争が始まるが・・・。

<イントロダクション>
様々な映画・テレビドラマなどで壮年の名優として引っ張りだこの利重剛さん。
しかし、個性派俳優としての顔の裏には映画監督としての確かな才能があり、ザ・グリソムギャングとしてはかねてから「映画監督」としての利重剛復活を祈っていました。
そして、10周年を迎えるこの夏、満を持して利重剛監督初期2作品「ザジ ZAZIE」と「BeRLiN」、そしてPFFで一躍注目を浴びた成蹊高校時代の8ミリ作品「教訓Ⅰ」、商業映画デビュー前夜の8ミリ習作「Empty night」、16ミリ作品「レンタチャイルド」、「見えない」などの貴重作品を2週に渡って上映します。
1週目は商業映画デビュー作となった
「ザジ ZAZIE」「教訓Ⅰ」「Empty night」を3本立て上映。
全作品久しぶりのスクリーン復活で、密やかに生息する利重剛監督ファンからすれば待ち焦がれた機会に、そして利重剛監督を知らない世代には衝撃を約束された機会となるでしょう。
2週目は利重監督の代表作として、今なお根強い人気を誇る
「BeRLiN」を上映。
20世紀末を彷徨する青春像を独自の切り口で捉えたこの秀作も、久しぶりにスクリーンに蘇ります。
そして16ミリ短編
「レンタチャイルド」と16ミリ長編「見えない」も特別併映します。
更に両日共、上映後に利重剛監督をお招きしてのロングトークショーを開催。
本格的な監督復帰の機会をうかがっている利重監督に、インディペンデント映画が成立しにくくなっている現在の日本映画界の逼迫した状況を如何に打破してゆくか、またデジタル化してゆく製作・上映環境の中で映画としてのアイデンティティをどのようにして保っていくのか、じっくりとお話を伺う予定です。
「日本のジョン・カサヴェテス」利重剛監督、復活の狼煙をご自身の目で見届けてください!


<ゲスト・プロフィール>
pict-rijuu.jpg
利重剛 (りじゅう ごう)
1962年、神奈川県出身。
脚本家・小山内美江子の長男として生まれる。
成蹊高校時代より8ミリ映画製作に役者等で参加し、自らも作り始める。高校3年の時撮った「教訓Ⅰ」は81年PFF(ぴあ・フォルムフェスティバル)で大島渚の推薦を受け入選。
高校卒業後、大学に進学するが中退。同時に俳優の道に進み、母が脚本を担当したTBSのドラマ「父母の誤算」で主演デビューする。
同年「近頃なぜかチャールストン」のプロットを巨匠岡本喜八に持ち込み、喜八プロ作品として映画化され主演、共同脚本、助監督をつとめる。
83年、16ミリ短編映画「レンタチャイルド」、85年、16ミリ長編映画「見えない」を発表。
89年、待望の35ミリ劇場用映画第1作「ZAZIE」(ザジ)を発表。
94年、”J・MOVIE・WARS Ⅱ”の1本として公開された「エレファントソング」、そして95年には、失踪したホテトル嬢を探す心情を優しく描いた「BeRLiN」を撮り、日本映画監督協会新人賞を受賞。
そして、6年ぶりに発表した「クロエ」は、ベルリン映画祭コンペ部門に正式出品され好評を得た。
近年は名バイプレイヤーとして映画、テレビなどで活躍中。
公式HP http://riju.p1.bindsite.jp/


<タイムテーブル>

13時30分~「教訓Ⅰ」上映
14時10分~休憩
14時20分~「Empty night」
14時40分~休憩
15時05分~「ザジ ZAZIE」上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト 利重剛監督
19時頃終演予定
※終演後、利重監督を囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3500円 当日4000円 16日「BeRLiN」との2日通し割引6000円
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ザジ予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい(2日通しご希望の方はその旨記載ください)。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。



スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。