スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画③ “70年代を生きた映画と人々”Vol.1 「ナッシュビル」&「ORANGING'79」


ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画③ 
“70年代を生きた映画と人々”Vol.1 
「ナッシュビル」「ORANGING'79」pict-16658_01_01_02.jpg ©1975 Paramount Pictures corporation
pict-1979_oranging79.jpg
<開催期日>
5月12日(土)

<上映作品>
「ナッシュビル」
(1975 米 監督ロバート・アルトマン 出演ヘンリー・ギブソン、バーバラ・ハリス、スコット・グレン、キース・キャラダイン)
「ORANGING'79」
(1979 日 監督・制作・脚本・撮影今関あきよし 照明小林弘利 出演三留まゆみ、田代豊一、手塚 真)
※「ナッシュビル」は35ミリフィルム、「ORANGING'79」は8ミリフィルムでの上映

<イントロダクション>
アメリカではアメリカンニューシネマが全盛と凋落を迎え、日本では商業映画の低迷と自主映画華やかりし時代を迎えた1970年代。
政治やカルチャーなど時代の変革期の中から、多くの名作が誕生したアメリカ映画と、それらの作品群に影響を受けながら、独自の映画製作を続けていった日本の若き映画監督たち。
ザ・グリソムギャングでは最も思い入れ深いこの70年代にスポットを当て、当時の名作アメリカ映画と、日本の自主映画の傑作を2本立て上映、上映後のトークショーで自主映画から商業映画監督へと羽ばたいた監督、あるいは俳優の皆さんをゲストにお迎えし、70年代と言う時代の意義について検証していきます。
第一回は70年代を最も体現している監督の一人で、群像劇の名手ロバート・アルトマンの最高傑作「ナッシュビル」と、70~80年代の自主映画の花形監督今関あきとしの出世作「ORANGING'79」をお届けします。
そして、ゲストには10年近いブランクを経て、最新作「カリーナの林檎~チェルノブイリの森~」で感動的な復活を遂げたばかりの今関あきよし監督をお招きし、映画に目覚めた70年代の空気を存分にお話しいただきます。
更に「ORANGING’79」に主演の三留まゆみさんも緊急参加決定!
ご期待ください!

<ゲスト・プロフィール>
pict-12c86_97_N0037077_l.jpg
今関あきよし(いまぜき あきよし)
1959年、東京都出身。
日本大学豊山高等学校在学時から自主制作で8mm映画を製作し始める。
三留まゆみ主演の自主映画『ORANGING'79』がオフシアター・フィルムフェスティバル'79(のちのぴあフィルムフェスティバル)で受賞。
1982年、文芸坐を中心とする自主映画プロジェクトマインド・ウェーブ・シネマに参加、「フルーツ・バスケット」「MILK○MILK」を発表。
1983年、富田靖子主演の劇場映画『アイコ十六歳』で商業映画デビュー。
1995年には持田真樹主演、加藤晴彦や浜崎あゆみも出演する『すももももも』を監督。
1997年、佐藤藍子主演の映画『タイム・リープ』を監督。
1998年、人気アイドルのモーニング娘。らの主演する映画『モーニング刑事。抱いてHOLD ON ME!』を皮切りにハロープロジェクト系のアイドルの主演する映画、テレビドラマを多数演出・監督した。
2011年には久々の監督作品『 カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』が劇場公開された。

pict-DSC02842.jpg
三留まゆみ(みとめ まゆみ)
1961年、東京都出身。
高校時代に「ファントム・オブ・パラダイス」を観て衝撃を受け、映画試写会と名画座めぐりを始める。
大学時代よりアルバイトでマンガ雑誌の編集に携わり、その縁でライター、イラストレーター、漫画家として活動を始める。
また、1980年前後の自主映画の世界にかかわり、今関あきよし監督の初期作品等に主演。自身でも作品を制作。
1983年から、雑誌『漫画ブリッコ』で早坂みけ名義で漫画を連載する。あわせて、同誌に映画についてのイラスト・エッセイを発表する。
のち、雑誌「宝島」に映画についてのイラスト・エッセイを執筆し、広く知られるようになる。
映画の名場面、みどころをびっしりとイラストで書き込んだ手法の映画紹介で知られる。得意とするジャンルはSFとホラー。

<タイムテーブル>
13時30分~「ナッシュビル」上映
16時20分~休憩
16時35分~「ORANGING'79」上映
17時~休憩
17時10分~トークショー ゲスト 今関あきよし監督三留まゆみさん
19時頃終演予定
※終演後、今関監督、三留さんを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円 日本映画大学生・日本映画学校生1000円(要学生証提示)
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ナッシュビル予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。



スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。