スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW特別企画 「三大怪獣 地球最大の決戦」上映&トークイベント

3日
4日
GW特別企画
「三大怪獣 地球最大の決戦」上映&トークイベントsandai_poster.jpg    
©東宝

<開催期日>
5月3日(木・祝)~4日(金・祝)

<上映作品>
「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年 監督/本多猪四郎 特技監督/円谷英二 出演/夏木陽介 若林映子 星由里子 小泉博 ザ・ピーナッツ 他)

<ストーリー>
1月に猛暑が続く異常気象の最中、黒部ダム付近に巨大な隕石が落下した。時を同じくしてセルジナ公国のサルノ王女(若林映子)の専用機が爆破される。しかし、王女に瓜二つの浮浪者が都内の繁華街に出没して、「金星人」と自称して地球の危機を訴える。
警視庁の刑事・進藤(夏木陽介)と、ラジオ局記者で妹の直子(星由里子)は金星人と王女の謎を追う。自称・金星人はラドンとゴジラの出現を予言して的中させる。さらに、5000年前に金星の文明を一夜で滅亡させた金星の業火・キングギドラの襲来をも警告するのだった……!
予告編 http://www.youtube.com/watch?v=mIzC96z_PmA

<イントロダクション>
ゴジラシリーズ第5作に当たる『三大怪獣 地球最大の決戦』。最大の魅力は新怪獣キングギドラ。うねって波打つ三本の首と二股の尾、ひるがえる翼の自在な操演、隕石から噴出した炎が夜空で実体化して、稲妻状の光線を吐く見事な視覚効果。粉砕される都市、崩れる鳥居など破壊の迫力。ワイドスクリーン一杯に、後世に伝えられる名場面が連続して息を呑みます。対するゴジラ、ラドン、モスラも生物感に満ちた造形で、性格と武器を際立たせた細かい描写も、さすが円熟期の円谷特撮です。 本多猪四郎監督のドラマも充実。世界観は『国際秘密警察』シリーズ風の東宝エキゾチズム。精悍な夏木陽介、妖艶な若林映子、フレッシュな星由里子の好演による謎解きとサスペンス、アクション。仄かなロマンスも余韻を引き、最後まで飽きさせません。博士役の志村喬と小泉博、ご存知インファント島の小美人ザ・ピーナッツ、王女暗殺に暗躍する伊藤久哉らもハマリ役です。
この東宝特撮映画最高のエバーグリーンを、今回は2010年に焼かれた極上のフィルムで上映。精巧な造形の怪獣やミニチュアの質感、広大なセット空気感、スタアの存在感を、美しい映像で堪能できます。
トークゲストは豪華絢爛。円谷英二特技監督の愛弟子で、ゴジラシリーズなど特技監督を継承した中野昭慶さんと川北紘一さん。キングギドラなど東宝の名だたるスタア怪獣の造形スタッフを務めた村瀬継蔵さん。昭和20年代から東宝専属俳優として数々の名作に出演した加藤茂雄さん。二日目は上映&トーク2,000円のサービス価格です。ゴールデンウィークはグリソムギャング特撮イベントの決定版、『三大怪獣 地球最大の決戦』にご期待ください!!

<特別オプションプログラム決定!>
5月4日は『三大怪獣』上映前に、昨年5月28日、『空の大怪獣ラドン』上映イベントでの中島春雄さんゲストの際のトークショー記録映像を上映することになりました。
「ゴジラ」の着ぐるみ俳優で世界的に有名な中島さんは、東宝脇役俳優としても出演作多数で、『ラドン』出演者を中心にお仲間のエピソードを多く語っていただきました。
もちろん怪獣演技のお話も披露されます。
たっぷり1時間の貴重で楽しい東宝スペシャルトークです。
※できれば『空の大怪獣ラドン』(1956年)をあらかじめ鑑賞してお越しになることをおすすめします。

<ゲストとタイムテーブル>
■5月3日(木・祝)
中野昭慶特技監督(当時助監督)
川北紘一特技監督(当時撮影助手)
村瀬継蔵さん(キングギドラ造形)

12時 開場
13時~「三大怪獣 地球最大の決戦」上映
14時35分~ 休憩
14時50分~ 3時間半トークショー
第一部:村瀬継蔵さんトーク、第二部:中野監督&川北監督トーク、第三部:お三方揃ってトーク・質問タイム
18時30分~ サイン会
19時 終演予定
※終演後に劇場並びのお好み焼き店「根ぎし」にて懇親会あり(要別途会費)。

■5月4日(金・祝)
加藤茂雄さん(俳優)

13時 開場
13時50分~ 『空の大怪獣ラドン』中島春雄さんトークショー映像上映
14時50分~ 休憩
15時~「三大怪獣 地球最大の決戦」上映
16時35分~ 休憩
16時50分~ トークショー・質問タイム
18時40分~ サイン会
19時 終演予定
※終演後に劇場並びのお好み焼き店「根ぎし」にて懇親会あり(要別途会費)。

<サイン会、写真撮影について>
サインご希望の方は、各ゲストにサインして欲しいアイテムをご持参ください。ゲストおひとりにつき、2点までです。写真タイムも設けますので、サイン会、撮影ともに、スタッフの指示に従ってください。

<ゲストプロフィール>
中野昭慶(なかの てるよし)
1935年、満州出身。59年に東宝入社、62年から円谷英二特技監督の下で特撮班の助監督を務める。『クレージーの大爆発』(69年)で一本立ち。以後、ゴジラシリーズ、パニック大作『日本沈没』(73年)、『ノストラダムスの大予言』(74年)、戦記大作『連合艦隊』(81年)など、東宝第3代目特技監督として迫力のスペクタクルを生んだ。今回は師匠・円谷英二を支えた助監督当時の秘話が語られる。川北紘一監督とのロングトークは稀有で、先輩・後輩の交歓と、一時代を築いたクリエイター同士の熱気に満ちたトークが見もの。

川北紘一(かわきた こういち)
1942年、東京出身。『妖星ゴラス』(62年)から東宝特撮映画に参加。『日本沈没』(73年)、『ゴジラ対メカゴジラ』(74年)などで中野監督の助監督を務める。TV『ウルトラマンA』(72年)、映画『大空のサムライ』(76年)で特撮を初演出。東宝第4代目特技監督として『ゴジラVSビオランテ』(89年)始めゴジラ6作品など斬新な映像を生んだ。本年2月刊行『平成ゴジラパーフェクション』など監修書籍多数。キングギドラは平成の『ゴジラVSキングギドラ』(91年)では自身で復活させた大スター。今回はその原点を存分に語る。
ドリーム・プラネット・ジャパンHP http://www.dreamplanet-j.co.jp/index.htm

村瀬継蔵(むらせ けいぞう)
1933年、北海道出身。58年、東宝特殊技術課の造型助手となり『大怪獣バラン』(58年)でバランのトゲに透明ホースを提案して認められる。さらに『妖星ゴラス』(62年)では怪獣マグマの牙に新素材FRPを導入、『宇宙大怪獣ドゴラ』(64年)ではドゴラの造形をソフトビニールで成功させたアイデアマン。自身の工房ツエニーでは『超人バロム・1』(72年)、『ウルトラマンA』(72年)などで腕を奮う。香港作品『北京原人の逆襲』(77年)は造形とラストのスーツアクターで奮闘。キングギドラは初代、そして平成の『ゴジラVSキングギドラ』でも造形を担当して愛着が深い。
ツエニーHP http://www.20twenty.co.jp/

加藤茂雄(かとう しげお)
1925年、神奈川県出身。鎌倉アカデミア演劇科を卒業後に東宝に所属。特撮映画は『三大怪獣 地球最大の決戦』(64年)阿蘇の観光客、『宇宙大戦争』(59年)特急の運転助手、『モスラ』(61年)ダム監視員、『ゴジラ対ヘドラ』(71年)とび職の親方、『ゴジラ』(84年)第五八幡丸無線局長など多数。黒澤明作品は『生きる』(52年)、『七人の侍』(54年)、『八月の狂詩曲』(91年)など常連。三浦友和主演の土曜ワイド劇場『はみ出し弁護士』(小谷承靖監督)シリーズはマンション管理人役で長期レギュラー。俳優業の傍らで地元鎌倉の海で漁に勤しみ、大正生まれの自称「浜役者」である。『三大怪獣』は大規模な阿蘇山ロケが思い出深く、今回は往年の出演作と撮影所を回顧する東宝グラフィティとなる。

<チャージ>
■5月3日(木・祝)
前売予約6,000円、当日6,500円
懇親会5,000円(料理、飲み放題付)

■5月4日(金・祝)
前売予約2,000円、当日2,500円
懇親会5,000円(料理、飲み放題付)

<予約について>
ご予約はメールでのみ承ります。3月3日(土)、正午12:00からお申し込みを受け付けます。それ以前に送信されたメールは無効ですのでご注意ください。
vamp1970@gmail.com
件名は「三大怪獣予約」と題し、本文は「参加希望日・お名前・参加人数(2名まで)・懇親会参加の有無・連絡先電話番号」を明記の上、送信してください。
あらかじめ上記メールアドレスの返信が受け取れる設定にして送信ください。すぐに自動返信メールが届きます。(同じメールアドレスからの2通目以後のメールは自動返信されない場合がありますのでご注意ください)
※メール先着順でお席を確保します。ただし、同着メールが多数で、先着を判断しにくい場合等、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

<振込先払いについて>
5月3日(木・祝)は特別興行のため、イベント料金、懇親会費は振込先払い制です。振込先など手順は返信メールにてご案内いたします。振り込み手数料はお客様のご負担となります。
5月4日(金・祝)については、イベント料金、懇親会費ともに、当日の受付時にお支払いください。ご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

<その他>☆トークイベントはやむを得ぬ事情で中止・変更になる場合がございます。その際に生じた如何なる損害(例:交通費、宿泊費、有休等)につきましては一切責任を負いかねますので、特に遠方よりお越しの方は予めリスクをご了承の上ご予約下さい。
☆イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。