スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・グリソムギャング版傍役グラフィティVol.4 丹古母鬼馬二編 「壇の浦夜枕合戦記」


ザ・グリソムギャング版傍役グラフィティVol.5 
丹古母鬼馬二編 「壇の浦夜枕合戦記」

<開催期日>
3月31日(土)

<上映作品>
「壇の浦夜枕合戦記」(1977年 監督・脚本神代辰巳 出演渡辺とく子 風間杜夫 丹古母鬼馬二 宮下順子)

<ストーリー>
位は人臣を極わめ、女体をほしいままにし、子孫の繁栄に恵まれ、望みは全て満たされていた平清盛も、熱病の前にたおれる。時を経て、平家は利あらずして源氏の軍勢に長門の壇の浦に追いつめられ、盛者必衰の理のままに敗れ去った。八歳になる安徳帝とともに、母・建礼門院は、海へ身を投げた。しかし、建礼門院をはじめ、数人の女院たちは、死にきれず源氏の手のものに捕われる。源義経は勝利の宴を開く・・・。

<イントロダクション>
映画を面白くするのは傍役だ!
3月はザ・グリソムギャングが注目する新旧名バイプレイヤーを5人セレクトし、その代表作を上映、ご本人と各作品の監督をお招きし、その魅力について大いに語り合います。
特集の最後を飾るのは、ザ・グリソムギャング2度目の登場となる大ベテラン丹古母鬼馬二さんです。
今回は丹古母さんの日活ロマンポルノの代表作「壇の浦夜枕合戦記」を上映。
故神代辰巳監督との思い出や、共演の風間杜夫さんや宮下順子さんらとの交友録を語っていただくのはもちろん、40年以上にわたる俳優人生の道のりをタップリ伺いたいと思います。
ユーモア溢れる語り口はファンならずとも、引き込まれること請け合い!
サービス精神旺盛な丹古母トークにご期待ください!!

<ゲストプロフィール>
kibaji
丹古母鬼馬二(たんこぼ きばじ)
1950年、広島県出身。
高校中退後、アングラ劇団に参加。
その後、にっかつロマンポルノや大作映画、特撮テレビ番組、テレビドラマ等、多くの作品のバイプレーヤーとして活躍。
1983年、八名信夫(主宰)、関山耕司、榎木兵衛、山本昌平、岩城力也等と、悪役俳優集団「悪役商会」の結成に参加しマスコミの話題を呼んだ。中核メンバーとして活躍したが、現在は脱退している。 
強烈な個性を放ち現在もドラマ・映画の他、バラエティー番組『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』や石ノ森章太郎作品にも多数出演している。

<タイムテーブル>
15時~「壇の浦夜枕合戦記」上映
16時45分~休憩
17時~トークショー ゲスト 丹古母鬼馬二さん
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円 日本映画大学生・日本映画学校生1000円(要学生証提示)
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「壇の浦予約」と題し、希望日・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。










スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。