スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションムービーコンペティション審査員特集Vol.2 深作健太+納富喜久男編「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」


アクションムービーコンペティション審査員特集Vol.2  深作健太+納富喜久男編
「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」
pict-saki6.jpg
©東映

<開催期日>
1月22日(日)

<上映作品>
「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」
(2006 監督深作健太 脚本丸山昇一 ガンエフェクト納富喜久男 主演松浦亜弥 斉藤由貴)

<ストーリー>
不穏な噂が絶えない聖泉学園に潜入していた特命刑事が渋谷の雑踏で爆死する。学園内に広まる謎のアングラサイト【エノラゲイ】を捜査中の出来事だった。一方、母と2人で暮らしていたニューヨークから日本へ強制送還された少女Kが警視庁の特務機関へとやって来る。彼女はそこで、逮捕された母の刑期と引き換えに“スケバン刑事・麻宮サキ”となることを要求される。彼女はやむを得ずこれを受け入れ、“麻宮サキ”となり聖泉学園に潜入すると、【エノラゲイ】を巡る陰謀を暴くべく捜査を開始する・・・。

<イントロダクション>
ついに作品公募が始まった映画ファン主導のアクション映画限定映画祭「アクションムービーコンペティション2012」。
その趣旨に賛同した映画人たちが審査員として協力、単なる映画のお祭りとしてではなく、プロの登竜門として日本映画界の活性化を目指し、2月25日に開催されます。
「アクションムービーコンペティション2012」に全面協力する当ザ・グリソムギャングでは、第一回目となるこの映画祭を盛り上げるために、審査員を務める監督諸氏の作品を特集上映することを決定、その第二弾として最年少審査員深作健太監督と、今回の映画祭の前身となった「ガン・コン」の審査員で、映画祭のアドバイザー兼審査員を務めるガン・エフェクトの第一人者納富喜久男さんがタッグを組んだ「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」を上映します。
1980年代、コミック、そして斉藤由貴主演のTVドラマがブームを巻き起こした「スケバン刑事」を松浦亜弥をヒロインに迎え、21世紀仕様にリメイクした痛快娯楽アクション。
シリーズのトレードマークヨーヨーアクションもさることながら、リアルさとダイナミックさにこだわったガンアクションが見どころの1作です。
映画上映後のトークショーでは、深作監督と納富さんをゲストにお迎えし、映像クリエーターとして歩んできた道のりを振り返っていただくと共に、「アクションムービーコンペティション2012」に寄せる期待、そして次世代のアクション映像作家に向けてのメッセージなどを大いに語っていただきます。
この映画祭を盛り上げて、閉塞した日本アクション映画界にみんなで風穴を開けましょう!
アクションムービーコンペティション2012公式HP http://hardboiled-yokohama.com/2011/

<ゲストプロフィール>
pict-254809_c450.jpg
深作健太(ふかさく けんた)
1972年、東京都出身。
成城大学卒業後、助監督としてのキャリアを始める。
「バトル・ロワイアル」(00)でプロデュース・脚本家デビュー。
「バトル・ロワイアルⅡ【鎮魂歌〈レクイエム〉】」(03)では、撮影中に逝去した父・深作欣二の遺志を継ぎ、作品を完成させた。
その他の監督作品に、「同じ月を見ている」(05)、「エクスクロス 魔境伝説」(07)など。
最新作は「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.」(11)。

納富貴久男(のうとみ きくお)
1955年、横浜出身。
大学在学中に銃器と映画の世界に魅せられ、友人たちと自主映画製作をはじめる。
独学で高度な特殊効果技術を身につけ、1985年実験的に作った作品が東映プロデューサーの目にとまり、ガンアクション映画「クライムハンター」の特殊効果を任される。
以後、銃器専門の特殊効果チーム「BIG SHOT」を立ち上げ、映画界に。
独自のリアリティは日本映画界のガンアクションに大革命を引き起こした。
今日では、日本映画界最高峰の特殊効果マンとして、北野武、深作欣二、押井守といった監督の作品他、日本を代表する映画のガンエフェクトを手掛けている。
ビッグショットHP http://www.bigshot-sfx.com/

<タイムテーブル>
15時~「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト 深作健太監督納富喜久男さん(ガンエフェクト)
      MC 堀池仁アクションムービーコンペティション実行委員長
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について ※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「スケバン予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。


スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。