スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画② 日韓シリアルキラー対決Vol.2 「悪魔を見た」


ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画② 日韓シリアルキラー対決Vol.2  
「悪魔を見た」pict-338461_01_01_02.jpg
pict-338461_01_04_02.jpg

<開催期日>
2012年2月4日(土)~5日(日)

<上映作品>
「悪魔を見た」(2010年 韓国 監督キム・ジウン 脚本パク・フンジョン 主演イ・ビョンホン チェ・ミンシク)

<ストーリー>
ある夜、国家情報員捜査官スヒョンの婚約者ジュヨンが何者かに惨殺され、バラバラ死体となって発見される。怒りに駆られたスヒョンは、ジュヨンの父で重犯罪課の刑事だったチャンの協力を得て、やがて犯人が残虐な殺人に快楽を見出す悪魔のような男、ギョンチョルであることを突き止める。そして、ギョンチョルを見つけ出すや、徹底的に叩きのめすスヒョン。しかし、とどめを刺すことなく、追跡用のGPSカプセルを飲み込ませると、そのまま解放してしまうのだった。こうして、ギョンチョルが新たな凶行に及ぼうとするたび、先回りしてはギョンチョルに容赦のない制裁を加えていくスヒョンだったが…。
公式HP http://isawthedevil.jp/

<イントロダクション>
2011年の映画界を席巻した2大問題作「冷たい熱帯魚」、そして「悪魔を見た」。
グリソム支配人が2011年度邦・洋のそれぞれべスト1に推すこの2作品は、奇しくも猟奇殺人鬼を描いていますが、その主役たるでんでん、チェ・ミンシクのシリアルキラーぶりは、彼らのフィルモグラフィの頂点とも言うべき名演技です。
今回はこの2つの傑作を2週連続上映、その狂気から生み出されるカタルシスを味わい尽くしていただきます。
第一弾は今や日本のみならず世界の注目を一身に集めている稀代のフィルムメイカー園子温監督の「冷たい熱帯魚」。
人間の奥底に眠るダークなパッションを追求し続けてきた園監督の集大成とも言うべきこの傑作は、年末から発表される映画賞、べスト10を大いに賑わすこと間違いなしでしょうが、グリソムでは豪華ゲスト陣をお招きして、本作の魅力を当館なりの観点から掘り下げたいと思います。
そして続く第二弾は、やはり現在の韓国映画界をリードする鬼才キム・ジウンが盟友イ・ビョンホンに加え、韓国を代表する名優チェ・ミンシクを主演に迎えて、連続殺人鬼と彼にフィアンセを殺害された国家情報員捜査官の命を賭けた追跡ゲームを、観る者の想像を絶する凄惨さとブラックユーモアを交えて描いた「悪魔を見た」を上映。
日本の映画人にも衝撃を与えた本作を、クリエイターの立場から語っていただくトークショーを上映後に開催。
日本映画の低迷を尻目に勢いに乗る韓国映画のパワーの源泉を、開館当初からグリソムにゆかりあるお二方森山茂雄監督、脚本家金子二郎さんをお招きして大いに論じ合います。
今年、10周年を迎えるザ・グリソムギャングが総力を結集してお送りする特別イベント。
お見逃しなく!!

<ゲストプロフィール>
森山茂雄もりやま しげお)
東京都出身。
大学卒業後、ピンク映画界に身を投じ長らく助監督として活躍。池島監督の師事を得る。2002年に師匠プロデュースの下、自らの脚本「桜井風花 淫乱堕天使」で念願の監督デビューを果たす。堅実な作風のため年一本程度と寡作ではあるが、今後の飛躍が期待される気鋭。
当館で上映されるインタビュー映像の編集も手掛ける。
新作は12月に公開された「それでも人生にイエスと言う」(公開タイトル「あぶない美乳 悩殺ヒッチハイク」)。
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1594738

金子 二郎(かねこ じろう)
1962年、東京都出身。
東京都立調布南高等学校、東洋大学文学部英米文学科卒業。日本脚本家連盟会員。
父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝である。兄は映画監督の金子修介。一時期、金子弦二郎の名義で執筆。
代表作に「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」(1999年 金子弦二郎名)「The iDol」(2006年)「Girl's BOX ラバーズ☆ハイ」(2008年)などの劇場映画の他、「ウルトラマンマックス」「百鬼夜行抄」「ケータイ捜査官7」などテレビシリーズ多数。
昨年10月、当館で初の特集上映会を開催、好評を博した。
新作映画「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」が11月ロードショー公開。
<ジロッカーの世界征服計画 密かに世界征服を企む脚本家金子二郎のブログ>http://blog.livedoor.jp/jirocker_guitar/

<タイムテーブル(両日共)>
14時~「悪魔を見た」上映
16時40分~休憩
17時~トークショー
ゲスト 4日 森山茂雄監督     
    5日 金子二郎さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり

<チャージ(両日共)>
前売予約2000円 当日2500円 日本映画大学生・日本映画学校生1000円(要学生証提示)
懇親会費4000円(チゲ鍋あるいはサムゲタン食べ放題・飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「悪魔予約」と題し、希望日・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。


スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。