スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼才神波史男傑作選Vol.2「野獣刑事(デカ)」


鬼才神波史男傑作選Vol.2「野獣刑事(デカ)」
pict-C0000011229_10.jpg
©東映

<開催期日>
11月13日(日)

<上映作品>
「野獣刑事(デカ)」(1982年 東映 監督工藤栄一 脚本神波史男 撮影仙元誠三 主演緒形拳 いしだあゆみ 泉谷しげる)

<ストーリー>
大滝誠次は大阪府警今宮署の刑事。マスコミに事件をリークして飲食したり、別件逮捕・囮捜査も辞さない野獣刑事。そのうえ自分が逮捕した阪上の情婦・山根恵子と関係を持っている。が、恵子の息子・稔は大滝に懐かない。木津川べりで起きた女子大生惨殺事件もスタンドプレーで釜ヶ崎に潜入捜査を行うが、容疑者のストーカーを別件逮捕で拷問したことで解任されてしまう。ちょうどその頃に出所し恵子の所に転がり込んできた阪上と恵子を挟んで奇妙な友情が芽生えるも、阪上は再び覚醒剤に染まり破壊の限りを尽くす。第2の殺人も起こる中、大滝は捜査本部の裏をかいて手柄を立てるため、恵子に囮になってくれるよう懇願する。恵子は、大滝との結婚を夢見て、囮となることを決意するのだが・・・。

<イントロダクション>
大好評だった「実録 私設銀座警察」上映会で、その尖がった作風とは裏腹な飄々としたジェントルマンぶりに驚かされたベテラン脚本家神波史男氏。
ユーモアたっぷりのトークでしたが、まだまだ聴き足りないという神波フリークのために、早くも神波史男傑作選と後付けタイトルを冠して再びお招きします。
上映作品は今は亡き映像の魔術師工藤栄一の代表作「野獣刑事(デカ)」。
神波氏自身もお気に入りの一本と公言する本作は、演技派緒形拳のピカレスクヒーローぶりはもちろんのこと、ミュージシャンから異能の性格俳優として強烈なインパクトをスクリーンに焼き付けた泉谷しげる、二人の男の間で揺れ動く薄幸の女いしだあゆみの愛しいほどの名演、そして工藤栄一の映像センスを具現化することに成功した仙元誠三撮影監督の際立つパッションレッドと、まさに見どころ満載の刑事アクションの傑作です。
今回は神波氏に加えて、撮影を担当した仙元誠三氏もお招きし、お二方にこの傑作が誕生するまでの秘話、さらに故工藤栄一監督、故緒形拳さんについてもタップリとお話を伺う予定です。
東映アクションファンならずとも見逃せないこの顔合わせ、ご予約はお早めにどうぞ!

<ゲスト・プロフィール>
pict-f-kounami-p.jpg
神波史男(こうなみ ふみお)
1934年、東京都出身。
1956年、東京大学仏文科卒業。
その後、脚本家として深作欣二監督のデビュー作である『風来坊探偵』をはじめ、『人きり与太・狂犬三兄弟』、『博徒解散式』、『博徒外人部隊』、『華の乱』、『新仁義なき戦い』などの深作作品の脚本を数多く担当している。
1987年に『火宅の人』で日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞。
また、1989年にも『華の乱』の脚本で最優秀脚本賞を受賞した。
現在、空手道場「誠真会館」の名誉顧問も勤めている。

pict-sengen-6.jpg
仙元誠三(せんげん せいぞう)
1938年、京都府出身。
同志社大学中退後、1958年8月1日、松竹に入社。
松竹京都撮影所にて撮影助手を務める。
1967年にフリーとなり、1969年の『新宿泥棒日記』で撮影監督としてデビュー。
独特の長廻しの撮影を監督の村川透とともに作り上げ、松田優作とのトリオで、1970年代後半に数々のアクション映画を成功させたことで知られ、「セーラー服と機関銃」(1981年)、「探偵物語」(1983年)、「Wの悲劇」(1984年)など、80年代に邦画界を席巻した角川映画作品にも大きな貢献を果たしている。
B級ものからポルノ、大作に至るまで、多数の作品に携わる。
最新作は阪本順治監督作品「行きずりの街」(2010年)。
デビュー前はプロ野球選手を志しており、阪神タイガースにテスト生として入団していた経歴も持つ。

<タイムテーブル>
14時30分~「野獣刑事(デカ)」上映
16時40分~休憩
16時50分~トークショー ゲスト 神波史男さん(脚本家)、仙元誠三撮影監督(予定)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
懇親会費4500円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「野獣刑事予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。 なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
 
スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。