スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急上映決定!インディーズの傑作誕生「砂をつかんで立ち上がれ」副音声付上映会


緊急上映決定!インディーズの傑作誕生 
「砂をつかんで立ち上がれ」副音声付上映会  
QeB1nbN6DGi4WROG3RdZ0GEDUXB4NgE1.jpg

<開催期日>
10月6日(日)

<上映作品>
「砂をつかんで立ち上がれ」
(2012 52分 BD 監督藤澤浩和 脚本作田勇人、藤澤浩和 出演依田哲哉仁科貴、秋月三佳 )

<ストーリー>
映画『砂をつかんで立ち上がれ』を見て役者を志した男、多田博。
監督をしたものの、次が続かなかった男、佐久嶋義和。
多田はあまりの演技の下手さにオーディションにはことごとく落ち、出演作はエキストラばかり。
とうとう所属している劇団もクビになり、途方に暮れていた。
一方、ついに次作を作るべく動き出した佐久嶋はプロデューサーに企画を持ち込むが「まず別の企画を監督してくれれば次回作で撮らせる」といいようにあしらわれてしまう。
渋々引き受ける佐久嶋だが、その映画はB級アイドルを売り出すための映画で、スタッフも学生やワークショップの素人ばかり。
追いつめられた佐久嶋は一番ダメな役者、多田をメインに抜擢し、「企画を潰す」為に無理難題をふっかけるが、憧れの監督を前に多田が予想以上に頑張ってしまい・・・はたして、このめちゃくちゃな映画制作の行き着く先は?
多田は最後のチャンスをつかむことができるのか?

<イントロダクション>
ワークショップ形式でプロアマの垣根を取っ払い、低予算ながらメジャー作品では決して実現できない自由な創作活動をバックアップするユニークな総合プロデュース企業“映画24区”。
数々の優れた作品を輩出してきたその“映画24区”から、また新たな傑作が誕生しました。
その名も「砂をつかんで立ち上がれ」
映画製作現場の舞台裏を描いた「アメリカの夜」「ホワイトハンターブラックハート」などの名作にオマージュを捧げながら、現在の日本映画界が抱える窮状をシニカルに描いたブラックコメディで、公募で見事入選した作田勇人のシナリオを、「嘘々実実」で監督デビューした新鋭・藤澤浩和が入魂の映像化。
本作で本格的映画出演を果たした依田哲哉と、ベテランバイプレイヤー仁科貴がW主演を務め、新旧映画バカのせめぎ合いを見事に演じのけています。
この映画愛に満ちあふれた作品は8月に公開されたばかりの新作ですが、閉館する前にどうしてもグリギャンで上映したいと支配人が切望し、映画24区さんの協力を得て緊急上映が決定。
上映後のトークショーでは主演の依田哲哉さんと仁科貴さんのお二方をお招きし、リアル映画バカである支配人とガチンコ映画バカ談義を展開しようと思います。
そして、トークショー終了後には、仁科貴さんが名優である父親・川谷拓三さんから受け継いだ秘伝のオリジナルカレー“砂をつかんで立ち上ガレー”をご入場者全員にご馳走して下さる大サービスもあり!
支配人が最後に選んだグリギャンスクリーンに最も似つかわしい映画バカの、映画バカによる、映画バカのための映画「砂をつかんで立ち上がれ」。
消えゆくスクリーンで、日本映画の未来をご覧下さい!

<ゲストプロフィール>
依田哲哉(よだ てつや)
埼玉県出身。
日本映画学校卒。
即興芝居。インプロバイザー。俳優。ナレーター。家電アドバイザー。東京コメディストアジェイ。

pict-top01.jpg
仁科貴(にしな たかし)
1970年、京都府出身。
故・川谷拓三の長男として生まれる。
1997年、『ピエタ』(ビデオタイトル『大強奪ピエタ』、北川篤也監督)でデビュー。
北野武監督、深作健太監督、金子修介監督、山口雄大監督の作品など、映画を中心に活動。
中国の名匠・田壮壮監督『呉清源~極みの棋譜~』(2007年)でチャン・チェン演じる呉清源の良きライバルであり、朋友の木谷実を演じる。
北野武監督『アキレスと亀』(2008年)では主人公マチスにベレー帽をプレゼントし、夢を持たせる画伯役。
フローリアン・ガレンベルガー監督『JOHN RABE ジョン・ラーべ』(公開未定)でスティーヴ・ブシェミと共演を果たす。
さらにメジャー大作『劒岳 点の記』(2009年)で強烈な印象を残し、2011年に初主演作『それでも花は咲いていく』が公開され好評を博す。
大部屋から地道にキャリアを積んで大成した父・川谷拓三を思わせるような俳優人生は今後に大きな期待を抱かせる。
公式サイト http://www.hcc95.com/nishina/

<副音声解説者プロフィール>
鈴木大輔(すずき だいすけ)
1969年,東京都出身。
声優養成所にて野沢雅子氏の薫陶を受けた後、声優・田口昂氏に師事。
2000年頃から舞台を中心に活動。
2003年頃より、バリアフリー映画鑑賞推進団体「CityLights」にて、視覚障害者向けに、字幕朗読ボランティアを担当。
朗読・ナレーションの研鑽を積みつつ、2004年より脚本・演出にも着手。(ペンネームは、和風まくだ煮L)
2007年、「演劇結社ばっかりばっかり」を旗揚げ。
以後、ばっかりばっかりとしての芝居では、全ての作品で脚本・演出・出演。
2009年7月、仮面ライダー2号・一文字隼人役でお馴染みの佐々木剛氏主演舞台『改造人間哀歌2』に出演。
“憧れのヒーロー”との共演を果たす。
2012年11月、ばっかりばっかり第十一回公演『だからこそ愛』を上演予定。

結社HP http://www.bakkaribakkari.net/

現在、視覚障害者を誘導する「ガイドヘルパー」の仕事をしながら、音声ガイドの製作やナレーションを行ない、後進の育成にも携わる。
また、(株)アメディアの製品プロモーションのナレーション、製品そのもののガイドボイスを担当。

※音声ガイド担当作品
『大魔神』
『太平洋ひとりぼっち』
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』
『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』から『ウルトラマンサーガ』まで全作品
『しあわせのパン』
『サマーウォーズ』他多数。

※シティライツ字幕朗読(声優)参加作品
『小説家を見つけたら』の老小説家(ショーン・コネリー)、
『ショコラ』のレノ伯爵、
『ホテルルワンダ』のオリバー大佐、
『英国王のスピーチ』のライオネル・ローグ
『ウエストサイドストーリー』リフ
その他『サラエボの花』『マイファットウェディング』や、映画館での生声優作品多数。

<タイムテーブル>
15時~「砂をつかんで立ち上がれ」上映
    副音声解説 鈴木大輔さん
15時55分~休憩
16時10分~トークショー ゲスト 依田哲哉さん、仁科貴さん
18時10分頃~バースペースにて「拓ボン伝来!仁科貴さんオリジナル“砂をつかんで立ち上ガレー”」を入場者全員に大盤振る舞い!
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2000円 当日2500円 
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(視覚障害者の方は500円引き)

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「立ち上がれ予約」とし、お名前・参加人数(視覚障害者の方はその旨必ず表記下さい)・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。