スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のスペシャルトークイベント!“矢島正明&森山周一郎「荒野の七人」を語る!!”

 (札止めにつき、キャンセル待ちとなります)  
最後のスペシャルトークイベント!
“矢島正明&森山周一郎「荒野の七人」を語る!!”
6bca54e578b43f503531f70714e20806.jpg

<開催期日>
9月21日(土)

<上映作品>
「荒野の七人」
(1960 米 監督ジョン・スタージェス 出演ユル・ブリンナー スティーブ・マックィーン ロバート・ボーン ブラッド・デクスター)
※35㎜字幕版上映

<ストーリー>
無法者の一団に、貢ぎ物を強要されている寒村があった。村人は少ない金を出し合い、無法者たちを撃退するガンマンを雇おうと決意する。そして、村人の願いを受け、凄腕の7人の男たちが集まった……。

<イントロダクション>
声優界の大御所をお迎えして大好評を得てきた「スペシャルトークベント!」シリーズですが、その有終の美を飾るのは矢島正明さんと森山周一郎さんと言う、昭和洋画吹替えのレジェンドお二人をゲストに、お二人が豪華共演を果たした名作「荒野の七人」をテーマにお届けします。
黒澤明の不朽の名作「七人の侍」を西部劇としてリメイクした本作は、本家に負けず劣らずの人気作として、時代を超えて映画ファンに愛し続けられました。
そして、テレビ洋画劇場全盛時に繰り返し放送された日本語吹替え版「荒野の七人」もまた、多くの少年・少女たちが映画の面白さに目覚めるキッカケとして、今尚語り継がれています。
今回は、小林修さん、小林清さん、大塚周夫さん、井上真樹夫さん、そして先だって急逝された内海賢二さんら名声優の皆さんと共に、七人のガンマンを演じた矢島さん(ロバート・ボーン)と森山さん(ブラッド・デクスター)に本作への思い、そして共演者との思い出などを時間の許す限りお伺いします。
もちろん、サイン会、撮影会、懇親会もあります。
最初で最後の豪華顔合わせでお送りする「スペシャルトークイベント!」最終回。
昭和吹替えファンは絶対にお見逃しなきよう!

<ゲスト・プロフィール>
966-4.jpg
矢島正明(やじま まさあき)
1932年4月、東京都出身。
昭和30年代初期の低音ブームに乗って、連続ラジオドラマ「氾濫」(原作:伊藤整、脚色:矢代静一、西島大)にナレーターとして登場。
以後、梶山季之のマーケット・リサーチ方式によるラジオドラマ「愛のうず潮」や、テレビドラマシリーズ「日日の背信」(演出:岡田太郎)等でナレーターとしての地位を確立。
昭和45年より「ベルトクイズQ&Q」出題を担当し、クイズ番組が要求するクールさと人間的な温かさのバランスのとれた話し言葉による出題に、クイズ出題の1つのパターンを創り上げ、後の「タイムショク」に引き継がれた。
一方、ディスクジョッキーとしても活躍。JRN全国ネットの情報番組「ミュージック・ドライブ・イン」や、深夜放送ブームを作った 「パック・イン・ミュージック」で土曜の夜を担当、若者の人気も得る。
また洋画の吹き替えでは、その方法論も確立していなかった生放送の創世記から、「ナポレオン・ソロ」のソロ、「スター・トレック」のカーク船長、「逃亡者」のナレーターなどで、吹き替えに於ける個性的な表現の可能性を示した。
近年は、名コラムニスト・山本夏彦のコラムを、ラジオ日本「夏彦のラジオコラム」で朗読。 凝縮された文体の音声表現に挑んだ。
ドラマチック・リーディングの道を求め続けると共に、朗読セミナーの講師や弟子である声優&ナレーター「きのしたゆうこ」等の朗読会の演出等を経て、後進の指導にも熱意を燃やしている。「m-flo」のCDでも、メンバーの熱いリクエストでナレーション出演。若者の間で、評判を博す。
TVでは、新しい形で復活した、特番「クイズ・タイムショック」の出題や、「オーラの泉」 (毎週(水)P.M.11時15分~12時10分 テレビ朝日系列にて放送)に、ナレーションでレギュラー出演中。
2000年からは、自身の趣味でもあるオペラを生かし、東京シティオペラ協会の公演において、オペラのあらすじを舞台で語るという、新しい形の和製オペラにも挑戦。
TV、ラジオ、舞台で、その、現在でも、全く衰えを見せぬ若々しい声を、幅広い分野で、全国に届けている。
2011年、第五回声優アワード功労賞を受賞。
公式HP こんにちは。矢島正明です

pict-b_moriyama.jpg
森山周一郎(もりやま しゅういちろう)
1934年、愛知県出身。
1953(昭和28)年、劇団東芸第一期研究生として入団以来、常に劇団中心メンバーとして活躍を続け現在に至る。
その間、東芸本公演を初めとして、テレビドラマ、ラジオドラマ、DJ、ナレーション、劇場用映画、商業演劇、洋画やアニメの声の出演、司会、コマーシャル等、芸能界各分野に渡りオールマイティーな活動を続けてきた。
特に、その低音で渋みのある声は、ジャン・ギャバン、チャールズ・ブロンソン、「刑事コジャック」のテリー・サバラスなどの吹き替えで、好評を博した。
吹替えの代表作品「刑事コジャック」シリーズ 「雨の訪問者」「女王陛下の007」「我らの仲間」「望郷」「CI★5」「ヘッドライト」「シシリアン」「暗黒街の二人」「レッドサン」「荒野の七人」「バウンド」「プリズン・ブレイク」「名探偵モンク5 第14話」 他多数。

<タイムテーブル>
13時30分~「荒野の七人」上映
15時40分~休憩
16時~最後のスペシャルトークイベント“矢島正明&森山周一郎「荒野の七人」を語る!!”          ゲスト 矢島正明さん、森山周一郎さん
★撮影会・サイン会あり(ゲストお一人につき二点限り)
18時30分頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
只今満席につき、キャンセル待ちのみ承ります。
前売予約8000円 当日9000円
懇親会費5000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「荒野の七人予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。




スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。