スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマ★カクテルVol.29“ジョン・ル・カレを語ろう!”「裏切りのサーカス」


シネマ★カクテルVol.29 “ジョン・ル・カレを語ろう!”
「裏切りのサーカス」
341569_01_02_02.jpg ©2010 StudioCanal SA

<開催期日>
5月25日(土)

<上映作品>
「裏切りのサーカス」
(2011 監督トーマス・アルフレッドソン 原作・製作総指揮ジョン・ル・カレ 出演ゲイリー・オールドマン コリン・ファース ジョン・ハート)

<ストーリー>
英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を繰り広げていた東西冷戦時代。英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗、責任をとってサーカスを去る。コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。ある日、英国政府のレイコン次官から“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下る。ターゲットとなるのは、コードネーム“ティンカー”、“テイラー”、“ソルジャー”、“プアマン”という4人の組織幹部。さっそく信頼を置くかつての部下ピーターらと組み、調査を開始するスマイリーだったが…。

<イントロダクション>
半年ぶり、29回目となるシネマ★カクテルは、スパイ小説の第一人者で、その原作の多くが映像化されているジョン・ル・カレをテーマにお届けします。
上映作品は、当店総支配人が2012年度ベスト1に推す本格スパイスリラーの傑作「裏切りのサーカス」
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース始め、新旧の英国実力派男優総結集の趣さえある素晴らしいキャストを得て、ル・カレ自身の製作陣頭指揮の下、スパイ映画の金字塔と言える仕上がりになった本作を35ミリプリントでお楽しみいただきます。
上映後のトークショーでは、ミステリマガジンの常連ライターでジョン・ル・カレ研究の第一人者松坂健さんをゲストにお迎えし、本作の魅力はもちろんの事、過去のル・カレ作品についてもタップリとレクチャーしていただきます。
コアなスパイ映画ファンも、ビギナーファンもご参集ください!

<ゲストプロフィール>
松坂 健(まつざか けん)
1949年東京浅草生まれ。
1971年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1974年慶應義塾大学文学部英文学科卒業。
1974年出版社柴田書店入社。月間食堂副編集長月刊ホテル旅館編集長歴任。
1993年個人事務所オフィス アト・ランダム設立。2004年西部文理大学サービス経営学部教授。
ミステリマガジンの書評はファンの絶大な信頼を勝ち得ている他、映画評論の分野でも活躍している。
ジョン・ル・カレへの傾倒ぶりはミステリマガジン2012年6月号「世界スパイ地図の歩き方」でも十分うかがい知れる。

<タイムテーブル>
14時30分~ 「裏切りのサーカス」上映
16時50分~ 休憩
17時~ トークショー ゲスト 松坂健さん
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円 
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約は3月1日よりメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ル・カレ予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。

スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。