スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永森裕二&亀井亨の犬猫映画傑作シリーズVol.2 第19回副音声付上映会「ねこタクシー」


永森裕二&亀井亨の犬猫映画傑作シリーズVol.2 第19回副音声付上映会  「ねこタクシー」
336274_01_01_02.jpg ©2010「ねこタクシー」製作委員会

<開催期日>
3月23日(土)

<上映作品>
「ねこタクシー」
(2010 監督亀井亨 原作・脚本永森裕二 出演カンニング竹山 鶴田真由 山下リオ 芦名星)
※副音声付上映。映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<ストーリー>
間瀬垣勤は、人付き合いが苦手なタクシー運転手。収入も悪く、妻と娘にもバカにされている。日の当たらない公園で弁当を食べるのが唯一の楽しみだった。そんな間瀬垣を、じっと見つめる猫がいた。まるでおじさんのようなふてぶてしい目つきをし、首輪には「御子神」と書かれている。猫の何とも言えない貫禄に魅了された間瀬垣は、タクシーに猫を乗せ、猫カフェならぬ、猫タクシーを思いつく。

<イントロダクション>
「子猫物語」「ハチ公物語」「南極物語」など日本映画がお家芸としてきた“犬猫映画”と言うジャンルは、唯一ハリウッドに対抗しうるヒットコンテンツとして今なお量産されていますが、そのほとんどが動物の可愛さと従順さに頼る感動系作品でした。
しかし、そんな犬猫映画のあり方に一石を投じたのがAMGエンタテインメントによる一連の作品群です。
日常を舞台としたコミカルな人間ドラマの中に、人間同様無理なく犬猫を1つのキャラクターとしてはめ込んだ作劇は、今までありそうでなかった斬新なものでした。
ザ・グリソムギャングではそんなAMGエンタテインメント製作の犬猫映画の中から、秀作・佳作を3本セレクトし、全てのメガホンを取られた亀井亨監督と各作品に関わられたスタッフ・キャストの皆さんをお招きし、その面白さの秘密に迫っていきます。
第1週は犬猫シリーズの方向性を決定づけたヒット作「幼獣マメシバ」
個性派俳優の最右翼として注目を集める佐藤二朗の初主演作にして、その後も続編が製作される代表作でもあります。
第2週は癒し系猫映画として、カンニング竹山など意外なキャスティングとともに話題を呼んだ「ねこタクシー」を上映。
上映後のトークショーでは、三毛猫みーすけのトレーナーであるZOO動物プロの北村まゆみさんをゲストにお招きして、撮影秘話をタップリ披露していただきます。
そして第3週は、ワンちゃんの名演はもちろんのこと、ローカル色豊かなホームドラマとしても秀逸な「犬飼いさんちの犬」をお届けします。
バラエティに富んだ3作品を通して、日本映画が誇っていいエンターテインメントの在り方をアピールするこの特集上映会。
犬・猫好きの方はもちろん、面白い日本映画に飢えている方々もぜひご覧ください!

<ゲストプロフィール>
sb_10.jpg
亀井亨(かめい とおる)
1969年生まれ。
日本デザイナー学院中退。
RKB毎日放送の番組ディレクターを経て上京。映画業界に入る。
助監督を務め、オリジナルビデオ作品を手がけ、2005年に『心中エレジー』で監督デビュー。数々の賞を受賞。
AMGエンターテインメント製作の動物シリーズではメイン監督として、TV・映画ともに多数演出を手掛ける。
他に檀蜜主演で話題を呼んだエロス大作「私の奴隷になりなさい」(2012)など。
最新作は2月公開の「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」。
「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」公式HP http://mameshibaichiro.net/

<副音声解説者プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。

<タイムテーブル>
15時~「ねこタクシー」上映※副音声付上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト 亀井亨監督北村まゆみさん(ZOO動物プロ/トレーナー)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円 
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
3作品通し7500円
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「ねこタク予約」とし、お名前・参加人数(身障者・介護者はその内訳)・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。