スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本家高田純さん追悼上映会「河内のオッサンの唄」

脚本家高田純さん追悼上映会「河内のオッサンの唄」

pict-C0000010817_16_20110807010017.jpg
©東映

<開催期日>
9月10日(土)

<上映作品>
「河内のオッサンの唄」(1976年 東映 脚本関本郁夫&高田純 監督斎藤武市 出演川谷拓三 夏純子 ミヤコ蝶々)

<ストーリー>
河内松原に住む“河内のオッサン”こと徳田松太郎こと通称、徳松は三十過ぎて、まだ一人者の白タクの運転手。喧嘩早くて、粗骨者だが、河内男の心意気を身につけた好漢である。徳松は、当然のごとくバクチ好きだが、残念ながらバク才はない。ライバルの地主の息子、忠三郎のカモになって、いつも身ぐるみ剥がれて丸裸の朝帰りである。そんな徳松にでも好意を寄せる女がいる。花火工場に勤める花子は、徳松にバクチをやめさせようと常々忠告するのだが、自らバクチの天才と思い込む徳松には馬耳東風である。ところがある日、その徳松にどうした風の吹きまわしか、一世一代のツキがまわって来た・・・。

高田純(たかだ じゅん)
1947年12月11日-2011年4月21日。享年63。
長崎県出身。
慶應義塾大学文学部在学中に松原敏春に弟子入りし、コント番組のギャグなどを手掛ける。
卒業後はスポーツニッポン、週刊プレイボーイ、週刊朝日などで、東映実録路線、日活ロマンポルノ等を中心に映画批評を担当、若手映画評論家として注目を浴びる。
1973年に『必殺色仕掛け』(日活)で脚本家デビュー後はシナリオライターに転じ、劇場作品やサスペンスドラマを中心に活動した。
2011年4月21日、心不全のため死去。
主な映画作品
「必殺色仕掛け」(1973年)
「卓のチョンチョン」(1974年)
「安藤昇のわが逃亡とSEXの記録」(1976年)
「河内のオッサンの唄」(1976年)
「餌食」(1979年)
「スーパーGUNレディ ワニ分署」(1979年)
「ダンプ渡り鳥」(1981年)
「ピンクのカーテン」(1982年)
「いつか誰かが殺される」(1984年)
「恋文」(1985年)
「離婚しない女」(1986年)
「メロドラマ」(1988年)
「BEST GUY」(1990年)
「人間交差点 不良」(1993年)
「JOKER 疫病神」(1998年)

<イントロダクション>
今年4月に急逝された脚本家高田純さん。
昨年末、当館で行われた「ピンクのカーテン」上映会にゲストでお越し下さった時は、次回作への意欲満々のご様子だっただけに、突然の訃報にはただただ驚かされるばかりでした。
まだ63歳の働き盛りだっただけに、その早すぎる死は悔やまれてなりませんが、高田さんが手掛けた映画の数々はこれからもテレビやスクリーンで生き続けることでしょう。
今回は高田さんの東映時代のヒット作品「河内のオッサンの唄」を上映、共同脚本を務め、長きに渡って親交を結んできた関本郁夫監督と、にっかつの後輩にあたる脚本家山田耕大さんをお招きし、在りし日の高田さんとの思い出を語り合っていただきます。
コメディ、アクション、ポルノ、文芸作品と幅広く活躍された職人脚本家を偲んで、皆様もぜひ献杯を捧げに来てください。

<ゲストプロフィール>
関本郁夫(せきもと いくお)
1942年、京都府出身。
1961年、京都市立伏見工業高等学校建築科卒業後、東映京都撮影所製作部美術課に入社。
その後演出部に転属し、1973年に監督デビュー。
1983年東映を退社後はフリーランスとなって、しばらくは東映作品から遠ざかり、松竹・にっかつ作品、テレビドラマを多数手がける。そして「東雲楼 女の乱」にて東映作品に復帰する。
代表作に「札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥」(75)、「好色元禄(秘)物語」(75)、「およう」(02)などがある。


山田耕大(やまだ こうた)
1954年、愛知県出身。
東京大学経済学部卒業後、にっかつ入社。
にっかつ企画部にて多数のロマンポルノ作品のプロデュースを行い、後に独立して映画製作会社「メリエス」を設立。
数多くの映画をヒットさせた。「こがねみどり」の別名で脚本を書いたこともあった。
現在はシナリオライター業に専念している。
主な代表作に「コキーユ-貝殻-」(98)、「クロスファイア」(00)、「ごめん」(02)、「あの空をおぼえてる」(08)、「死にゆく妻との旅路」(10)などがある。

<タイムテーブル>
15時~映画上映
16時40分~休憩
16時50分~トークショー「高田純さんを偲んで」
ゲスト 関本郁夫監督山田耕大さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを交えての偲ぶ宴あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円
偲ぶ宴会費4000円(飲み放題付)

予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「高田純予約」と題し、お名前・参加人数・偲ぶ宴参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。


スポンサーサイト
プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。