スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマジャンクション2013エントリー作品上映会


528438_637926756233790_1844124377_a.png
シネマジャンクション2013エントリー作品上映会

<開催期日>
8月28日(水)~9月1日(日)

<上映作品>
シネマジャンクション2013エントリー作品(1作品1分~20分)
※出品者都合で一部作品除く

~特別招待作品~
T0016327p-1.jpg
「名無しの十字架」
(2012 BD 監督久保直樹 企画・出演小林聡 出演神尾佑 松尾れい子

pict-4a678dfd-1.jpg
「キヲクドロボウ」
(2007 35ミリ英字幕版上映 監督山岸謙太郎&石田肇 主演正木蒼二 木村有)

510CnVRUHUL__SL500_AA300_.jpg
「実験体四十六號」
(2010 DVD 監督・脚本・編集・美術・音響効果・ガンエフェクト田渕寿雄 主演藤木義勝 諏訪部順一)

<イントロダクション>
アクション映画不毛の日本映画界に一石投じるべく、ハードボイルドの地・横浜を拠点にアクション映画専門の映画祭を立ち上げたファン有志の集い“ハードボイルド・ヨコハマ”。
2012年にアクション・ムービー・コンペティションと名打ち、第一回目が華々しく開催され、応募作品のクオリティの高さに押井守審査委員長始め、プロの映画人たちを驚愕させました。
そして、今年2013年、シネマジャンクションと名称を改め、第二回が7月27日に開催されました。
その多彩な作品群は自主映画ならではの自由な創作の魅力に満ち溢れており、新たな才能の息吹をしっかりと感じさせてくれるものでした。
審査委員の末席に名前を連ねているザ・グリソムギャングでは今年もエントリー作品を全作品上映し(一部出品者都合で除く)、一般のファンの方々にもこのユニークな映画祭を体感いただこうと思います。
今年は5日間の日程で開催、特別招待作品として横浜を舞台にしたハードボイルドアクションの秀作「名無しの十字架」を後半3日間に上映、上映後のトークショーには同作のスタッフ・キャストの皆さんもお招きし、アクション映画に対する製作姿勢や、エントリー作品についての独自評価などお話を伺いたいと思います。
31日は支配人が個人賞を贈ったプロジェクトヤマケンの「サムライゾンビFRAGILE」をメインに、同作で男優賞を受賞した正木蒼二さんがプロジェクトヤマケンで初主演を果たした記念碑的傑作「キヲクドロボウ」を35ミリ版で祝勝上映。
7月27日の授賞式に出席できなかった正木さんに表彰盾の授与式を行います。
そして、最終日は審査員の藤木義勝さんが主演し、ガンエフェクトの俊英・田渕寿雄監督が5年かけて作り上げた入魂の自主映画「実験体四十六號」も上映。
「RaT #2 Okazaki」で2連覇を果たした田村智之監督ら映画祭に参加する猛者たちに熱い檄を飛ばしていただきます。
猛暑を吹き飛ばすクールな作品がズラリと揃った今年のシネマジャンクション。
ぜひとも、あなただけの一本を見つけて下さい!

<タイムテーブル>
8月28日(水)
17時~開場
17時30分~エントリー作品上映
REAL VALENTINE 東映ビデオ賞受賞作品 9.5min
早熟のミストラル 17min
Battle 1.5min
うしろの鬼軍曹 10min
滝桜は枯れない 9min
再会の行方 18min
翳りゆく部屋 ハードボイルドヨコハマ賞受賞作品 20min
DARK ENFORCER II AFTER DAYS 佐藤信介賞受賞作品 18.5min

※上映予定だった「ペンの交代」は出品者都合で上映中止となりました。何卒ご了承下さいませ
20時~休憩
20時10分~トークショー ゲスト 上映作品関係者 MC 堀池仁CJ2013実行委員長
20時45分頃終演予定
※終演後、懇親会あり(要別途会費)

8月29日(木)
17時~開場
17時30分~エントリー作品上映
シャッテン 15min
Law of the Jungle 8min
PHANTOM CITY 龍ノウロコ 20min
RIVER ハードボイルドヨコハマ賞受賞作品 15min
闘え!キリィーンvsゾンビ五獣拳 17min
よく知っている男 14min
ノイズ アクション賞受賞作品 19min
Vanishing Point 特殊効果賞受賞作品 20min
Shadow Play 準グランプリ受賞作品 16.5min

20時~休憩
20時10分~トークショー ゲスト 上映作品関係者 MC 堀池仁CJ2013実行委員長
20時45分頃終演予定
※終演後、懇親会あり(要別途会費)

8月30日(金)
15時30分~開場
16時~「名無しの十字架」上映
17時35分~休憩
17時45分~エントリー作品上映
GR5#2 Episode Second 藤木義勝賞受賞作品 20min
人質 10min
FIGHT PEACE 20min
CHASE 12.5min
Dead Stop No1 9min
ZURA 14min
KAITOKUTAN「幽魔一戦」編 20min
GIRLS CONNECTION 審査員長賞受賞作品 20min

19時50分~休憩
20時~トークショー ゲスト 上映作品関係者 スペシャルゲスト 小林聡さん MC 堀池仁CJ2013実行委員長
21時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

8月31日(土)
12時30分~開場
13時~「名無しの十字架」上映
14時35分~休憩
14時45分~「キヲクドロボウ」上映 ※35㎜英字幕版上映
16時15分~休憩
16時25分~エントリー作品上映
手作り戦士ハンドメイダーY 15min
キレる 15min
私立探偵MOTOMACHI GANG 20min
EDENの欠片 20min
賭事 脚本賞受賞作品 7min
昭和極道怪異聞ジンガイラ/仁我狗螺 監督賞受賞作品 15min
サムライゾンビFRAGILE 最優秀男優賞<正木蒼二氏> 箕輪克彦(ザ・グリソムギャング)賞受賞作品 20min

18時20分~休憩
18時30分~トークショー ゲスト 上映作品関係者 スペシャルゲスト 久保直樹監督 松尾れい子さん MC 堀池仁CJ2013実行委員長 
20時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

9月1日(日)
12時30分~開場
13時~「名無しの十字架」上映
14時35分~休憩
14時45分~「実験体四十六號」上映
15時50分~休憩
16時~エントリー作品上映
CRAZY ACE 16min
MAYAKASI 20min
SILENT VIOLENCE~遠い記憶の中で~ 納富貴久男賞受賞作品 20min
あらかわ刑事 13min
RaT#2 Okazaki グランプリ受賞作品 18.5min
鈴木マン コメディ賞受賞作品 20min

※上映予定だった「白黒ギツネと光の洞窟」は出品者都合で上映中止となりました。何卒ご了承下さいませ
18時5分~休憩
18時15分~トークショー ゲスト 上映作品関係者 スペシャルゲスト 小林聡さん 田渕寿雄監督 MC 堀池仁CJ2013実行委員長
19時45分頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
28日&29日 前売予約1000円 当日1500円
30日 前売予約1500円 当日2000円
31日&1日 前売予約2500円 当日3000円
5日間通し6000円
懇親会費(飲み放題付・全日共)4000円

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「CJ2013予約」と題し、参加希望日・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。


スポンサーサイト

夏休み副音声付上映会「ストレンヂア 無皇刃譚」


夏休み副音声付上映会 
「ストレンヂア 無皇刃譚」 
126708548473516314265-1.jpg
©BONES INC

<開催期日>
8月25日(日)

<上映作品>
「ストレンヂア 無皇刃譚」
(2007 監督安藤真裕 脚本髙山文彦 声の出演長瀬智也 知念侑李 山寺宏一 竹中直人 )

<ストーリー>
時は戦国。
飛丸という犬と旅をする、少年の仔太郎(声:知念侑李)。
彼は、わけあって明の武装集団に追われる身だった。
ある日、山の廃寺で仔太郎たちは、名無し(声:長瀬智也)という浪人に出会う。
そこに明の武士があらわれた。
おそいかかる明の武士。
名無しの活躍によって、からくも明の武士を倒すことはできたが、飛丸は傷を負ってしまう。
ほうっておけば飛丸の命があぶない。
仔太郎は名無しに、町の医者まで連れていってくれるようたのむが……。

<副音声解説者プロフィール>
鈴木大輔(すずき だいすけ)
1969年,東京都出身。
声優養成所にて野沢雅子氏の薫陶を受けた後、声優・田口昂氏に師事。
2000年頃から舞台を中心に活動。
2003年頃より、バリアフリー映画鑑賞推進団体「CityLights」にて、視覚障害者向けに、字幕朗読ボランティアを担当。
朗読・ナレーションの研鑽を積みつつ、2004年より脚本・演出にも着手。(ペンネームは、和風まくだ煮L)
2007年、「演劇結社ばっかりばっかり」を旗揚げ。
以後、ばっかりばっかりとしての芝居では、全ての作品で脚本・演出・出演。
2009年7月、仮面ライダー2号・一文字隼人役でお馴染みの佐々木剛氏主演舞台『改造人間哀歌2』に出演。
“憧れのヒーロー”との共演を果たす。
2012年11月、ばっかりばっかり第十一回公演『だからこそ愛』を上演予定。

結社HP http://www.bakkaribakkari.net/

 現在、視覚障害者を誘導する「ガイドヘルパー」の仕事をしながら、音声ガイドの製作やナレーションを行ない、後進の育成にも携わる。
 また、(株)アメディアの製品プロモーションのナレーション、製品そのもののガイドボイスを担当。

※音声ガイド担当作品
『大魔神』
『太平洋ひとりぼっち』
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』
『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』から『ウルトラマンサーガ』まで全作品
『しあわせのパン』
『サマーウォーズ』他多数。

※シティライツ字幕朗読(声優)参加作品
『小説家を見つけたら』の老小説家(ショーン・コネリー)、
『ショコラ』のレノ伯爵、
『ホテルルワンダ』のオリバー大佐、
『英国王のスピーチ』のライオネル・ローグ
『ウエストサイドストーリー』リフ
その他『サラエボの花』『マイファットウェディング』や、映画館での生声優作品多数。

<タイムテーブル>
14時30分~「ストレンヂア 無皇刃譚」上映
       副音声解説 鈴木大輔さん
16時30分頃終演予定

<チャージ>
一般前売・当日/身障者共に1000円均一

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず8月24日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「ストレンヂア副音声予約」とし、お名前・参加者人数・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

3度目にして最後の上映会!「ストレンヂア 無皇刃譚」


3度目にして最後の上映会! 
「ストレンヂア 無皇刃譚」 
3a2d58053eb0ebaa47d2ba9836d08994.jpg ©BONES INC

<開催期日>
8月24日(土)

<上映作品>
「ストレンヂア 無皇刃譚」
(2007 監督安藤真裕 脚本髙山文彦 声の出演長瀬智也 知念侑李 山寺宏一 竹中直人 )

<ストーリー>
時は戦国。
飛丸という犬と旅をする、少年の仔太郎(声:知念侑李)。
彼は、わけあって明の武装集団に追われる身だった。
ある日、山の廃寺で仔太郎たちは、名無し(声:長瀬智也)という浪人に出会う。
そこに明の武士があらわれた。
おそいかかる明の武士。
名無しの活躍によって、からくも明の武士を倒すことはできたが、飛丸は傷を負ってしまう。
ほうっておけば飛丸の命があぶない。
仔太郎は名無しに、町の医者まで連れていってくれるようたのむが……。

<イントロダクション>
2009年、2010年につづき、ザ・グリソムギャングでは三度目となる『ストレンヂア 無皇刃譚』上映会を行います。
『ストレンヂア 無皇刃譚』は2007年9月に公開された長編アニメ映画。戦国時代、刀を封印した男を主人公にしたアクション時代劇です。監督は、『ストレンヂア 無皇刃譚』が初監督となる安藤真裕
上映後のトークショーでは安藤真裕監督をゲストに、ザ・グリソムギャング支配人が初監督作品にかけた思い、映画に対する思いをうかがいます。
ザ・グリソムギャングでの最後となる『ストレンヂア 無皇刃譚』上映会、お見逃しなく。

<ゲストプロフィール>
安藤 真裕(あんどう まさひろ)
1967年、北海道出身。
高校卒業後の1986年にスタジオあんなぷる入社。
主に出崎統、杉野昭夫の下で原画や動画として『エースをねらえ!2』や『華星夜曲』といったOVA作品を中心に担当する。
1991年、『おにいさまへ…』にキーアニメーターとして参加。
この作品を最後にスタジオあんなぷるを退社しフリーとなる。
フリーとなってからは主にProduction I.Gなどで原画や絵コンテを担当。
近年はボンズやピーエーワークスを拠点に活動し、ボンズでは2007年に『ストレンヂア 無皇刃譚』で劇場版アニメの監督、ピーエーワークスでは2009年に『CANAAN』でテレビアニメの監督でそれぞれデビュー。
最新監督作はテレビアニメ『花咲くいろは』(2011)。

126708749355716408742-1.jpg
↑ご入場者全員に上記チラシをプレゼント!(安藤監督にサインを入れてもらう事も出来ます)

<タイムテーブル>
15時~ 「ストレンヂア 無皇刃譚」上映
16時50分~ 休憩
17時~ トークショー ゲスト 安藤真裕監督
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円 
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ストレンヂア予約」と題し、お名前・参加人数・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。




小沢和義最新主演作「修羅よさらば~任侠酔狂伝~」上映会



小沢和義最新主演作品 
「修羅よさらば~任侠酔狂伝~」
                               DVDリリース記念上映会

06_b.jpg

<開催期日>
8月18日(日)

<上映作品>
「修羅よさらば~任侠酔狂伝~」
(2013 プロデューサー・監督渋谷正一 脚本松平章全 出演小沢和義 嘉門洋子 古井榮一 江原シュウ) 
※ブルーレイプロジェクター上映

<ストーリー>
竜胆会顧問の神山源治は「飲むのが仕事みたいなモン」というアル中。数ある行きつけのバーで飲んでると海原夢子と出会い意気投合するが、「酒で釣れた女は足が速え」と、その場限りで別れてしまう・・・。

<イントロダクション>
カズさんがグリギャンに帰って来る!
大好評だった監督作品「Scramble スクランブル 抗争の死角」に続き、今回は最新主演作を引っ提げてグリギャン最後の夏にクールガイ小沢和義アニキが緊急参戦です。
今回の作品はアル中ヤクザをユーモアを交えて演じた異色極道映画「修羅よさらば~任侠酔狂伝~」
共演は「不倫純愛」で妖艶な魅力をふりまいた嘉門洋子姐さん。
彼女が演じる場末のストリッパーと、カズさん演じるアル中ヤクザの大人の恋愛模様を、メガホンを取った渋谷正一監督の要望で、お客様もグラスを傾けながらご覧いただきたいと思ます。
9月発売に先駆けて本作品をお楽しみいただた後は、恒例のトークショー、そしてサイン会&撮影会。
ゲストはもちろん我らがカズさんこと小沢和義さん、嘉門洋子さんのお二人。
そして、渋谷正一監督もトークに輪に加わっていただき、DVDには収録されない撮影秘話をタップリとお話いただきます。
カズさんファンは見逃すことなかれ!!

<ゲストプロフィール>
20090610_791826-1.jpg
小沢和義(おざわ かずよし)
1964年 東京都出身。
1985年テレビ「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」でデビュー。
1987年「湘南爆走族」で劇場映画進出後、硬派な昔ながらの日本男児的な美しさと、ナイーブな現代的アウトロー感を包括する魅力を持ち、幅広い役柄をこなす。
主にVシネマ、インディーズ映画で活躍するが、近年はTVドラマにも数多く出演。
プロデュース業、監督業もこなすマルチタレントぶりを発揮している。
兄は俳優の小沢仁志。

N0029787_l.jpg
嘉門洋子(かもん ようこ)
1980年、石川県出身。
幼少から日舞を習い、藤間流の名取「藤間恵美」の名を持つ。
東京パフォーマンスドールの研修生を経て1996年にグラビアアイドルとしてデビュー、翌1997年度のフジテレビビジュアルクイーンに選ばれる。
その後、モデル、女優として、雑誌・テレビ・映画と幅広く活躍。
2011年2月、初のヘアヌード写真集「写真集 嘉門洋子」を発表。
映画の代表作に「自殺サークル」(02)、「屋根裏の散歩者」(06)などがある。
公式ブログ http://gree.jp/kamon_yoko

渋谷正一(しぶや まさかず)
1971年神奈川県出身。
1990年よりテレビ・映画・Vシネマにフリー助監督として活動屋の腕を磨く。
嗜好は、ウェルメイドなB級映画、ウイスキーの水割り、狩撫麻礼の劇画、音楽は歌謡曲からハードコアパンク、ゴアトランスまで。
好きな映画は、「赫い髪の女」「ヨコハマBJブルース」「恐怖の報酬」「組織」「シンシナティキッド」。
2007年に株式会社メディア・ワークスに入社。企画・プロデュースを行う。
初プロデュース作品は、竹内力主演「標的 Target」
2010年9月木村 一八主演「アウトローズ」で監督デビューする。
遊戯精神の溢れる活劇作りを心がけている。

<タイムテーブル>
15時~「修羅よさらば~任侠酔狂伝~」上映 ※ブルーレイプロジェクター上映
16時20分~休憩
16時45分~トークショー ゲスト 小沢和義さん、嘉門洋子さん、渋谷正一監督
☆質問コーナー、サイン会、撮影会あり
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
懇親会費5000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「カズ予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。

スペシャルトークイベント!“三東ルシア ぶっちゃけ40周年!”「いたずらロリータ 後ろからバージン」


スペシャルトークイベント!“三東ルシア ぶっちゃけ40周年!” 
「いたずらロリータ 後ろからバージン」 
いたずらロリータ-2
 ©日活

<開催期日>
8月17日(土)

<上映作品>
「いたずらロリータ 後ろからバージン」
(1986 監督金子修介 出演水島裕子 阿部雅彦 三東ルシア 

<ストーリー>
公私共に運のないサラリーマンの徹は、やけ酒で酔って帰る途中、偶然ゴミ捨て場に捨ててあった女の子の人形を持ち帰る。翌朝、目覚めるとなんとその人形が全裸でエプロンを着けた人間の女性に変身していた! 徹に恩返しをしたいと言うのだ。こうして奇妙な同棲生活が始まるのだが…。

<イントロダクション>
三東ルシア
1973年里美レイの芸名で芸能活動をスタート。翌74年、三東ルシアに改名。75年のTOTOホーローバスのCM「お魚になったわ・た・し」はセンセーショナルな社会現象を巻き起こし、一躍トップアイドルに君臨しました。
後に日活ロマンポルノ「女教師 生徒の目の前で」に主演。こちらも大きな話題となりました。
現在も歌に舞台と幅広く活躍し、今年芸能生活40周年を迎えた三東ルシアのスペシャルトークイベントが決定しました!
映画上映に加え、撮影会、サイン会、懇親会と、ファンにとって夢のようなイベントが実現!
上映作品は、貴重な当時の参考映像、さらに日活ロマンポルノ「いたずらロリータ 後ろからバージン」をフィルム上映いたします。
出演シーンは少ないながらも、コミカルな演技は大変珍しく、むしろ素に近いのでは!?と思わせる演技を披露しています。
トークショーでは、話題のCMの裏話、トップアイドル時代のお話しや日活ロマンポルノについて、そして現在の活動までタップリ語っていただきます! 
撮影会では当日、当人の気分次第によってはセクシーショットもあるかも!? ぜひカメラをご持参の上、ご参加ください。
どんな話しが飛び出すか、“ぶっちゃけトーク”満載のイベントをお見逃しなく!

<ゲストプロフィール>
プロフィール
三東ルシア(さんとう るしあ)
1958年、神奈川県出身。
1973年里美レイの名で芸能界にデビュー。
翌1974年三東ルシアとして本格的に活動し、75年に出演したTOTOホーローバスの「お魚になったわ・た・し」で大ブレイク。
1ヶ月間で53誌のグラビアに登場するなど圧倒的な人気を得る。
歌、映画、ドラマ、バラエティと活躍の場を広げ、1982年「女教師 生徒の目の前で」で日活ロマンポルノに主演。
しかし1989年に引退、15年のブランクを経て2003年に復帰。
2006年「砂漠のバラ」で30年ぶりにCDを発売。
現在は歌に力を入れる。昨年11月には新曲「高崎未練」を発表した。
公式サイト http://lucia-santo.com/
公式ブログ http://lucia-santo.ldblog.jp/

<タイムテーブル>
14時30分~ 参考映像上映
15時~ 休憩
15時10分~ 「いたずらロリータ 後ろからバージン」上映
16時50分~ トークショー ゲスト 三東ルシアさん
18時~ 撮影会
18時30分~ サイン会(お一人二点まで)
※当日CD販売も行います。こちらにもサインしていただけます。
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円 ※18歳未満の方はご参加いただけません 
懇親会費5000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「三東ルシア予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。

これで最後だ!納涼ホラー映画特選上映会Vol.3「キャリー」


これで最後だ!納涼ホラー映画特選上映会Vol.3
「キャリー」
Sissy_Spacek-Carrie-2.jpg

<開催期日>
8月11日(日)

<上映作品>
「キャリー」
(1976 監督ブライアン・デ・パルマ 出演シシー・スペイセク パイパー・ローリー ジョン・トラボルタ)

<ストーリー>
ユーイン・ハイスクールに通う女子高生・キャリーは、気弱な内気な性格と冴えない容姿から、いつもクラスメイトたちからいじめを受けていた。ある日の体育の授業後、彼女はシャワーを浴びている最中に初潮を経験する。熱狂的なキリスト教信者である母・マーガレットからは月経についての話を何も聞かされていなかった彼女はパニックを起こす。それを見たクラスメイトたちはキャリーをはやし立て、ナプキンを彼女に投げつける。その場は担任の女性体育教師・デジャルダンによって収拾がつけられた。後日、デジャルダンはキャリーをいじめたクラスメイトたちを体育館に呼び出し、「プロムパーティーの参加禁止、それが嫌なら毎日居残りで体育授業」と言う課題を突きつけるが、それが誰も予期せぬ惨事への引き金を引くことになる・・・。

<イントロダクション>
ザ・グリソムギャング最後の夏を飾るのはやっぱりホラー、ってことで支配人が選りすぐったホラー映画の名作・傑作・珍作を一挙5本上映すると言う、最後を飾るに相応しい豪華ラインナップでお届けする本企画。
最終週はサイキック・ホラーの古典的名作「キャリー」が降臨します。
今やホラーの帝王の名を欲しい侭にするスティーブン・キングの第一回映画化作品で、本作の大成功がその後の“マスター・オブ・ホラー”の道を決定づけたと言っても過言ではありません。
そして、本作を成功に導いたのが、当時ヒッチコックの後継者と目されるほどサスペンス演出に冴えをを見せていた絶頂期のブライアン・デ・パルマ監督。
一人の少女の内面を丁寧に描写しつつ、惨劇のクライマックスに突き進んでいく緩急自在な語り口、そして映画的カタルシスに満ち溢れたカメラワークと、多くの信者を産んだのも頷ける素晴らしい演出ぶりを発揮しています。
今回は、そのデ・パルママジックに魅せられてしまったお一人、三留まゆみさんをゲストにお迎えし、何百回となくご覧になったであろう「キャリー」の魅力を細かく解析いただくとともに、会ったこともあるブライアン・デ・パルマ監督への熱い想いを存分に吐露していただきます。
最後のホラー特集、有終の美を飾る本上映会。ぜひ、ご参加ください!

<ゲスト・プロフィール>
pict-DSC02842.jpg
三留まゆみ(みとめ まゆみ)
1961年、東京都出身。
高校時代に「ファントム・オブ・パラダイス」を観て衝撃を受け、映画試写会と名画座めぐりを始める。
大学時代よりアルバイトでマンガ雑誌の編集に携わり、その縁でライター、イラストレーター、漫画家として活動を始める。
また、1980年前後の自主映画の世界にかかわり、今関あきよし監督の初期作品等に主演。自身でも作品を制作。
1983年から、雑誌「漫画ブリッコ」で早坂みけ名義で漫画を連載する。あわせて、同誌に映画についてのイラスト・エッセイを発表する。
のち、雑誌「宝島」に映画についてのイラスト・エッセイを執筆し、広く知られるようになる。
映画の名場面、みどころをびっしりとイラストで書き込んだ手法の映画紹介で知られる。得意とするジャンルはSFとホラー。
特にブライアン・デ・パルマへの傾倒は業界一。

<タイムテーブル>
15時~「キャリー」上映
16時45分~休憩
17時~トークショー ゲスト 三留まゆみさん
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「キャリー予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。

夏休み特別副音声上映会「キャリー」


夏休み副音声付上映会 
「キャリー」 
eecb471a2c7d1804701bb8cc633402f6.jpg

<開催期日>
8月10日(土)

<上映作品>
「キャリー」
(1976 監督ブライアン・デ・パルマ 出演シシー・スペイセク パイパー・ローリー ジョン・トラボルタ)

<ストーリー>
ユーイン・ハイスクールに通う女子高生・キャリーは、気弱な内気な性格と冴えない容姿から、いつもクラスメイトたちからいじめを受けていた。ある日の体育の授業後、彼女はシャワーを浴びている最中に初潮を経験する。熱狂的なキリスト教信者である母・マーガレットからは月経についての話を何も聞かされていなかった彼女はパニックを起こす。それを見たクラスメイトたちはキャリーをはやし立て、ナプキンを彼女に投げつける。その場は担任の女性体育教師・デジャルダンによって収拾がつけられた。後日、デジャルダンはキャリーをいじめたクラスメイトたちを体育館に呼び出し、「プロムパーティーの参加禁止、それが嫌なら毎日居残りで体育授業」と言う課題を突きつけるが、それが誰も予期せぬ惨事への引き金を引くことになる・・・。

<副音声解説者プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。

<タイムテーブル>
16時~「キャリー」上映
       副音声解説 檀鼓太郎さん
★上映前・上映後に檀氏と支配人によるミニ解説トークがあります。
18時頃終演予定
※終演後、檀さんを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
一般当日のみ1500円(前売予約はありません・満席の際はご入場いただけません)
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず8月10日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「キャリー副音声予約」とし、お名前・身障者&介護者人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

夏休み特別副音声上映会「インシディアス」


夏休み副音声付上映会 
「インシディアス」 
340288_01_09_02-1.jpg ©2010 ALLIANCE FILMS (UK) LIMITED, ALL RIGHTS RESERVED.

<開催期日>
8月4日(日)

<上映作品>
「インシディアス」
(2010 監督ジェームズ・ワン 脚本・出演リー・ワネル 出演パトリック・ウィルソン ローズ・バーン バーバラ・ハーシー)

<ストーリー>
3人の子どもを持つ若い夫婦ジョシュとルネ。新居に引っ越して早々、様々な不気味な現象に悩まされる。そしてある日、小学生の長男ダルトンが梯子から落ちて昏睡状態に陥ってしまう。しかし、身体のどこにも異常はなく、原因は不明のまま。屋敷自体が呪われていると考えた夫婦は、すぐに再度の引っ越しをするが、そこでも同じように怪現象は続く。もはや医者もさじを投げたダルトンを救うため、霊媒師や牧師にも助けを求めるジョシュとルネ。そしてついに、思いもよらぬ昏睡の原因が明らかとなるのだが…。

<副音声解説者プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。

<タイムテーブル>
13時10分~「インシディアス」上映
副音声解説 檀鼓太郎さん
14時55分終演予定

<チャージ>
一般当日のみ1500円(前売予約はありません・満席の際はご入場いただけません)
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず8月3日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「インシディアス副音声予約」とし、お名前・身障者&介護者人数・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

映写技師のマエストロ・鈴木文夫氏製作の名作ドキュメンタリー「住井すゑ 百歳の人間宣言」上映会(一般上映・副音声付上映) 


映写技師のマエストロ・鈴木文夫氏製作の名作ドキュメンタリー 
「住井すゑ 百歳の人間宣言」上映会(一般上映・副音声付上映) 
sue31.jpg

<開催期日>
8月4日(日)

<上映作品>
「住井すゑ 百歳の人間宣言」
(2002 製作鈴木文夫 監督橘祐典 出演住井すゑ 山田洋次 永六輔)
※35㎜フィルム版での上映

★ご予約者プレゼント!
ご予約いただいたお客様にもれなく以下の商品をプレゼントします。
1回目ご予約者に「住井すゑ 百歳の人間宣言」パンフレット(シネ・フロント別冊号)を、2回目ご予約者に「住井すゑ 百歳の人間宣言」VHSビデオをそれぞれ差し上げます!

130725_1423~0001

<イントロダクション>
「橋のない川」の著者・住井すゑの生誕100年記念映画として製作されたドキュメンタリー「住井すゑ 百歳の人間宣言」
住井すゑの人間性に傾倒する映写技師・鈴木文夫氏がライフワークとして自主制作、鈴木氏の心意気に賛同した山田洋次、永六輔、野坂昭如ら著名人がインタビュー出演し、2002年度毎日映画コンクールの記録文化映画賞(長編)をはじめ、数々の映画賞を受賞した。
ザ・グリソムギャングでは最後の夏に恩師・鈴木文夫氏をお招きし、今なぜ住井すゑなのか、そして今なおフィルムにこだわり続ける熱い想いを存分にお話しいただきます。
当日はDVD販売も行いますが、ぜひとも「フィルム」でご覧下さい!

<ゲスト・プロフィール>
pict-takumi129.jpg
鈴木文夫(すずき ふみお)
1936年、東京都出身。
19歳で映写技師の道へ。
映画館以外のホールや特設会場で上映する映画の映写技師の草分けにして第一人者。
昭和51年に鈴木映画を設立以来、東京国際映画祭はじめ各地で催される映画祭などの上映でも引っぱりだこの、知る人ぞ知る映写技師の大ベテランである。
トム・クルーズや山田洋次など名指しで映写指名されることもしばしば。
2003年度の芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
これまで、大多数が監督・キャメラマン・俳優に授けられており、映写技師が対象になったのは五十数回の歴史で初めて。
映画製作にも意欲的でプロデュースを勤めた記録映画「住井すゑ百歳の人間宣言」では毎日映画コンクール記録映画文化賞を受賞。
ザ・グリソムギャング設立にも多大な支援をいただいた。

<副音声解説者プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。

<タイムテーブル>
1部(副音声なし)
11時~「住井すゑ 百歳の人間宣言」上映
12時25分 終映

<入替>

2部(副音声解説付)
15時35分~「住井すゑ 百歳の人間宣言」上映
     副音声解説 檀鼓太郎さん
17時~休憩
17時15分~トークショー ゲスト 鈴木文夫さん(プロデューサー)
18時15分頃終演予定
※終演後、鈴木氏を囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
1部 一般前売予約1000円 一般当日1300円
2部 一般前売予約1500円 一般当日1800円
   身障者割引(前売予約のみ)1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず8月3日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「住井すゑ予約」とし、お名前・1部or2部・参加人数(2部は身障者&介護者人数)・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

これが最後だ!納涼ホラー映画特選上映会Vol.2 「溶解人間」ブルーレイ発売記念!「インシディアス」&「溶解人間」


これが最後だ!納涼ホラー映画特選上映会Vol.2 
祝!「溶解人間」ブルーレイ発売記念 
「インシディアス」
340288_01_05_02-1.jpg
©2010 ALLIANCE FILMS (UK) LIMITED, ALL RIGHTS RESERVED.

<開催期日>
8月3日(土)

<上映作品>
「インシディアス」
(2010 監督ジェームズ・ワン 脚本・出演リー・ワネル 出演パトリック・ウィルソン ローズ・バーン バーバラ・ハーシー)

<ストーリー>
3人の子どもを持つ若い夫婦ジョシュとルネ。新居に引っ越して早々、様々な不気味な現象に悩まされる。そしてある日、小学生の長男ダルトンが梯子から落ちて昏睡状態に陥ってしまう。しかし、身体のどこにも異常はなく、原因は不明のまま。屋敷自体が呪われていると考えた夫婦は、すぐに再度の引っ越しをするが、そこでも同じように怪現象は続く。もはや医者もさじを投げたダルトンを救うため、霊媒師や牧師にも助けを求めるジョシュとルネ。そしてついに、思いもよらぬ昏睡の原因が明らかとなるのだが…。

<イントロダクション>
ザ・グリソムギャング最後の夏を飾るのはやっぱりホラー、ってことで支配人が選りすぐったホラー映画の名作・傑作・珍作を一挙5本上映すると言う、最後を飾るに相応しい豪華ラインナップでお届けする本企画。
開館11周年記念日の8月3日に開催する第2弾は、新世紀のスプラッタシリーズとして人気を博した「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビがオカルトホラーに挑戦し、そのジャンルに新機軸を打ち出した傑作「インシディアス」をお届けします。
ゴシックホラーの雰囲気を纏った本作は、「回転」、「たたり」、「ヘルハウス」、「悪魔の棲む家」など幽霊屋敷映画の名作群の流れを汲んでおり、「ソウ」シリーズのようなショック演出よりも、展開の意外さ、心理サスペンスに重きを置いた本格恐怖映画に仕上がっています。
上映後のトークショーでは、レア度の高い映画をソフト化し続ける株式会社スティングレイの代表・岩本克也氏をゲストにお迎えし、支配人と共に私的ホラームービーベスト10を挙げ、楽しく論じ合いたいと思います。
そして第1部終演後、そのスティングレイから今夏リリース予定「溶解人間」の初ブルーレイ化を記念し、いち早く「溶解人間」をご覧いただけるプレミア上映会を開催。
第1部「インシディアス」上映会にご参加いただいた方のみ、第2部「溶解人間」プレミアム上映会に無料ご招待させていただきます(第2部のみの参加は出来ませんので悪しからずご了承下さい)。
B級SFホラーながら、リック・ベイカーの特殊メイクが未だ多くのファンのトラウマとなっているこの曰く作品、ぜひスクリーンでご覧いただき、悶絶して下さい!

<ゲストプロフィール>
岩本克也(いわもと かつや)
1962年、愛媛県松山市出身。
法政大学卒業後、映画雑誌編集、ゲーム制作を経て1991年に株式会社スティングレイを設立。
ゲームをはじめ各種ソフトウェアの企画・開発を行うが、1996年にWindows用映画データベースソフト『シネマガイド96 全洋画』を発売し、以後、映画情報の提供を基本とする映像関連業務を拡大していく。
2001年には、日本映画・アニメ・TVドラマ・DVD情報も加えた総合的なインターネット映像作品DB『allcinema ONLINE』をスタート。
2002年からは、ソフト化が見送られて来た数々の名作・傑作を発掘しソフト化していく『allcinema SELECTION』を立ち上げる。
2013年夏にはB級ホラーファン待望の「溶解人間」がついにリリース。
ご予約はallcinema SELECTION HPからどうぞ!!

「溶解人間」
(1977年 米 監督・脚本ウィリアム・サックス 特殊メイクリック・ベイカー 出演アレックス・レバー)
※ブルーレイHD/日本語字幕版上映
Incredible Melting Man 20-3

<タイムテーブル>
第1部
14時~「インシディアス」上映
15時50分~休憩
16時~トークショー「私的ホラームービー10選」 
      ゲスト 岩本克也さん(株式会社スティングレイ代表)
17時20分終演

<入替>

第2部
allcinema SELECTION「溶解人間」ブルーレイ発売記念上映
17時30分~「溶解人間」上映(※ブルーレイHD/日本語字幕、モノラル上映)
18時55分終映
※終演後、岩本社長を囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
第1部 前売予約3000円 当日3500円 カップル割5500円
第2部 第1部入場者は無料(第2部のみのご鑑賞は出来ませんのでご注意ください)

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「インシディアス予約」とし、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。