スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回副音声上映会「カムイの剣」


第21回副音声付上映会 
「カムイの剣」 
img_743197_20584566_2.jpg ©角川映画

<開催期日>
4月28日(日)

<上映作品>
「カムイの剣」
(1985 監督りんたろう 原作矢野徹 脚本真崎守 プロデューサー丸山正雄他  声の出演真田広之 石田太郎 小山茉美他)

<ストーリー>
大きな時代の転換期を迎えようとしていた幕末。母姉殺しの罪を着せられていた次郎は、旅僧・天海に助けられ、仇と目される太郎左を倒す。その後、天海の下で忍びの修行をうけ、数年後ツノピリカ・コタンへとおもむいた次郎は、そこの長老より本当の母オヤルルの存在と、真の父は太郎左であると知らされる。オヤルルはすぐに毒殺され、天海への復讐に燃える次郎。彼の昔より持つ短剣・カムイの剣がキャプテン・キッドの財宝を解く鍵と老学者・安藤昌山より教えられ、宝の有りかはアメリカと知る。そして、天海の追手に昌山は倒れ、次郎は追手の一人・お雪と共にカリフォルニア号に乗り込んだ。敵同志士のはずが互いに恋心をいだく次郎とお雪だが、ちょっとしたトラブルで黒人奴隷サムと共にカムチャッカで下船させられてしまう・・・。

<副音声解説者プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。

<タイムテーブル>
15時30分~「カムイの剣」上映
       副音声解説 檀鼓太郎さん
★上映前・上映後に檀氏と支配人によるミニ解説トークがあります。
18時頃終演予定
※終演後、檀さんを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
一般当日のみ1500円(前売予約はありません・満席の際はご入場いただけません)
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず4月27日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「カムイ副音声予約」とし、お名前・身障者&介護者人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

スポンサーサイト

りんたろう監督特集Vol.2「カムイの剣」


りんたろう監督特集Vol.2 「カムイの剣」 
10062001_1_1.png ©角川映画

★大変申し訳ありませんが、ゲスト予定だった丸山正雄プロデューサーがお仕事のために参加出来なくなってしまいました。心よりお詫び申し上げます。
ご予約者全員に丸山プロデューサーのサイン色紙をプレゼントさせていただきます。

130426_1753~0001


<開催期日>
4月27日(土)

<上映作品>
「カムイの剣」
(1985 監督りんたろう 原作矢野徹 脚本真崎守 プロデューサー丸山正雄他  声の出演真田広之 石田太郎 小山茉美他)

<ストーリー>
大きな時代の転換期を迎えようとしていた幕末。母姉殺しの罪を着せられていた次郎は、旅僧・天海に助けられ、仇と目される太郎左を倒す。その後、天海の下で忍びの修行をうけ、数年後ツノピリカ・コタンへとおもむいた次郎は、そこの長老より本当の母オヤルルの存在と、真の父は太郎左であると知らされる。オヤルルはすぐに毒殺され、天海への復讐に燃える次郎。彼の昔より持つ短剣・カムイの剣がキャプテン・キッドの財宝を解く鍵と老学者・安藤昌山より教えられ、宝の有りかはアメリカと知る。そして、天海の追手に昌山は倒れ、次郎は追手の一人・お雪と共にカリフォルニア号に乗り込んだ。敵同志士のはずが互いに恋心をいだく次郎とお雪だが、ちょっとしたトラブルで黒人奴隷サムと共にカムチャッカで下船させられてしまう・・・。

<イントロダクション>
日本が誇るアニメ界の鬼才りんたろう監督特集第2弾は、1980年代角川映画アニメ大作の一本「カムイの剣」をお届けします。
80年代以降の創作拠点となったマッド・ハウスにおいて、超大作「幻魔大戦」に続いて放った本作は興行的には振るわなかったものの、玄人筋のファンからは絶大なる支持を集め、今尚りんたろう監督の最高傑作と崇める信者を多く持つ傑作です。
今回は上映後のトークショーにマッド・ハウス設立者で、長年りんたろう監督とタッグを組んできた盟友にして日本アニメ界の重鎮プロデューサー丸山正雄さんをゲストにお迎えし、アニメ黎明期から21世紀の今日まで第一線で活躍され続けてきたお二方の軌跡を辿っていきたいと思います。
しかも、ご入場者全員にりんたろう監督作品キャラクターフィギャアをプレゼント!
GWオープニングを飾るスペシャルプログラムをお見逃しなく!

<ゲストプロフィール>
rintarou.jpg
りんたろう(りん たろう)
1941年、東京都出身。
1958年、東映動画入社。
1960年、手塚治虫率いる虫プロダクションの設立に参加する。同プロダクションで、「鉄腕アトム」(63~66)、「ジャングル大帝」(65~66)などに参加。
その後フリーとなり、社会現象を巻き起こした劇場用長編アニメーションの『銀河鉄道999』(79)などの傑作を数多く手かける。
1983年の『幻魔大戦』以降は、マッドハウスを拠点に活躍する。
卓越した演出力とビジュアルセンスで、日本を代表するアニメーション監督として、世界的に知られている巨匠。そのほかの代表作に、『カムイの剣』(85)、『火の鳥 鳳凰編』(86)、『X』(96)、『メトロポリス』(01)など多数。
『よなよなペンギン』(09)では、原作を手がけたほか、初のフルCGアニメーションに独自の方法論で挑み、飽くなき探究心で、良作を作り続けている。

<タイムテーブル>
14時30分~「カムイの剣」上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト りんたろう監督
☆サイン会もございますが、お一人二点までとさせていただきます。
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)。

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
懇親会費(飲み放題付)4000円
※入場者全員にりんたろう監督作品キャラクターフィギャアをプレゼントします

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールに「カムイ予約」とし、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

第1回 特撮映画副音声上映with「柳家喬四郎の勝手気ままなお勉強会」


新企画!
第1回 特撮映画副音声上映
       with「柳家喬四郎の勝手気ままなお勉強会」

喬四郎

<開催期日>
4月21日(日)

<上映作品>
「お楽しみ」(60年代モノクロ特撮映画・短編2作品)

<イントロダクション>
お好み焼き・もんじゃ焼き根ぎし閉店に伴い幕を閉じた「根ぎし寄席 柳家喬四郎の勝手気ままなお勉強会」ですが、なんと特撮映画副音声上映とのコラボレーションで装いも新たに復活!
今秋真打昇進が決定した柳家喬四郎さんが、副音声付60年代モノクロ特撮短編映画の名作上映を挟んで、シュールな新作落語と古典落語でご機嫌を伺います。
特撮ファンにも落語ファンにもお楽しみいただける新企画、どうぞお楽しみに!

<演者プロフィール>
柳家喬四郎(やなぎや きょうしろう)
本名・齋藤歩。
1972年7月、静岡県出身。
出囃子・かんかんのう。紋・丸に三つ柏。
1999年4月、柳家さん喬に入門。前座名「さん坊」。
初高座はなかの芸能小劇場における「小町」。
2002年11月、二ツ目昇進。「喬四郎」と改名。
新作・古典ともに女性の出てくる噺を得意とする。
2013年秋、待望の真打昇進決定。

<副音声解説者プロフィール>
鈴木大輔(すずき だいすけ)
1969年,東京都出身。
声優養成所にて野沢雅子氏の薫陶を受けた後、声優・田口昂氏に師事。
2000年頃から舞台を中心に活動。
2003年頃より、バリアフリー映画鑑賞推進団体「CityLights」にて、視覚障害者向けに、字幕朗読ボランティアを担当。
朗読・ナレーションの研鑽を積みつつ、2004年より脚本・演出にも着手。(ペンネームは、和風まくだ煮L)
2007年、「演劇結社ばっかりばっかり」を旗揚げ。
以後、ばっかりばっかりとしての芝居では、全ての作品で脚本・演出・出演。
2009年7月、仮面ライダー2号・一文字隼人役でお馴染みの佐々木剛氏主演舞台『改造人間哀歌2』に出演。
“憧れのヒーロー”との共演を果たす。
2012年11月、ばっかりばっかり第十一回公演『だからこそ愛』を上演予定。

結社HP http://www.bakkaribakkari.net/

 現在、視覚障害者を誘導する「ガイドヘルパー」の仕事をしながら、音声ガイドの製作やナレーションを行ない、後進の育成にも携わる。
 また、(株)アメディアの製品プロモーションのナレーション、製品そのもののガイドボイスを担当。

※音声ガイド担当作品
『大魔神』
『太平洋ひとりぼっち』
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』
『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』から『ウルトラマンサーガ』まで全作品
『しあわせのパン』
『サマーウォーズ』他多数。

※シティライツ字幕朗読(声優)参加作品
『小説家を見つけたら』の老小説家(ショーン・コネリー)、
『ショコラ』のレノ伯爵、
『ホテルルワンダ』のオリバー大佐、
『英国王のスピーチ』のライオネル・ローグ
『ウエストサイドストーリー』リフ
その他『サラエボの花』『マイファットウェディング』や、映画館での生声優作品多数。

<タイムテーブル>
15時30分~ 落語 柳家喬四郎
16時~ 特撮映画「お楽しみ」 ※モノクロ・16ミリ上映 副音声解説 鈴木大輔さん
16時50分~ 休憩
17時10分~ 落語 柳家喬四郎
17時40分頃終演予定
※終演後、喬四郎さん、大輔さんを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約1500円 当日2000円
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず4月20日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「喬四郎予約」とし、お名前・身障者&介護者人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

スペシャルトークイベント!「矢島正明、“宇宙大作戦”を語る!!」



スペシャルトークイベント! 
「矢島正明、“宇宙大作戦”を語る!!」
966-1.jpg

<開催期日>
4月20日(土)

<イントロダクション>
大好評だった「森山周一郎 “刑事コジャック”を語る!!」「羽佐間道夫 “俺がハマーだ!”を語る!!」「柴田侊彦&日色ともゑ、“大草原の小さな家”を語る!!」に続く、海外TVドラマスペシャルトークイベント第4弾は、本格SFテレビシリーズのエポックメーキング的傑作「宇宙大作戦」をお題に、主演のカーク船長ことウィリアム・シャトナーの声を吹替えた矢島正明さんをお招きして開催します。
今や「スターウォーズ」シリーズと並び、世界のSFファンから時代を超えて愛され続ける「スタートレック」シリーズですが、その原点となる「宇宙大作戦」は、とても半世紀前に製作されたとは思えないSFマインドに満ち溢れた傑作です。
今回は「宇宙大作戦」から映画「スタートレック」シリーズまでカーク船長の声を演じ続けてきた声優界の大ベテランにして名優の矢島正明さんに、「スタートレック」シリーズはもちろん、やはり大ヒットした代表作「ナポレオン・ソロ」シリーズや、その多彩なキャリア全般についてタップリとお話を伺います。
トークショー後は恒例のサイン会、撮影会に加え、4月にお誕生日を迎える矢島さんのご長寿を祝ってのバースデー懇親会も開催します。
奮ってご参加ください!

<ゲストプロフィール>
矢島正明(やじま まさあき)
1932年4月、東京都出身。
昭和30年代初期の低音ブームに乗って、連続ラジオドラマ「氾濫」(原作:伊藤整、脚色:矢代静一、西島大)にナレーターとして登場。
以後、梶山季之のマーケット・リサーチ方式によるラジオドラマ「愛のうず潮」や、テレビドラマシリーズ「日日の背信」(演出:岡田太郎)等でナレーターとしての地位を確立。
昭和45年より「ベルトクイズQ&Q」出題を担当し、クイズ番組が要求するクールさと人間的な温かさのバランスのとれた話し言葉による出題に、クイズ出題の1つのパターンを創り上げ、後の「タイムショク」に引き継がれた。
一方、ディスクジョッキーとしても活躍。JRN全国ネットの情報番組「ミュージック・ドライブ・イン」や、深夜放送ブームを作った 「パック・イン・ミュージック」で土曜の夜を担当、若者の人気も得る。
また洋画の吹き替えでは、その方法論も確立していなかった生放送の創世記から、「ナポレオン・ソロ」のソロ、「スター・トレック」のカーク船長、「逃亡者」のナレーターなどで、吹き替えに於ける個性的な表現の可能性を示した。
近年は、名コラムニスト・山本夏彦のコラムを、ラジオ日本「夏彦のラジオコラム」で朗読。 凝縮された文体の音声表現に挑んだ。
ドラマチック・リーディングの道を求め続けると共に、朗読セミナーの講師や弟子である声優&ナレーター「きのしたゆうこ」等の朗読会の演出等を経て、後進の指導にも熱意を燃やしている。「m-flo」のCDでも、メンバーの熱いリクエストでナレーション出演。若者の間で、評判を博す。
TVでは、新しい形で復活した、特番「クイズ・タイムショック」の出題や、「オーラの泉」 (毎週(水)P.M.11時15分~12時10分 テレビ朝日系列にて放送)に、ナレーションでレギュラー出演中。
2000年からは、自身の趣味でもあるオペラを生かし、東京シティオペラ協会の公演において、オペラのあらすじを舞台で語るという、新しい形の和製オペラにも挑戦。
TV、ラジオ、舞台で、その、現在でも、全く衰えを見せぬ若々しい声を、幅広い分野で、全国に届けている。
2011年、第五回声優アワード功労賞を受賞。
公式HP こんにちは。矢島正明です

<タイムテーブル>
16時~スペシャルトークイベント!「矢島正明、“宇宙大作戦”を語る!!」
&サイン会(お一人二点まで)
18時頃終演予定
※終演後、矢島さんのお誕生日会あり(要別途会費)

★なお、トークショーに先立ち、14時より参考映像試写を行います。
こちらはトークイベントに参加される方は無料でご鑑賞いただけます。
ぜひ、ご覧ください。


<チャージ>
前売予約4000円 当日4500円
お誕生日会会費5000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「宇宙大作戦予約」と題し、お名前・参加人数・お誕生日会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。

りんたろう監督特集Vol.1 「銀河鉄道999」

おかげさまで満員札止めです。ありがとうございます。
りんたろう監督特集Vol.1 「銀河鉄道999」 
999.jpg ©松本零士 東映アニメーション

<開催期日>
4月14日(日)

<上映作品>
「銀河鉄道999」
(1979 監督りんたろう 原作松本零士 脚本石森史郎 声の出演野沢雅子 池田昌子 肝付兼太)

<イントロダクション>
1977年公開の「宇宙戦艦ヤマト」に端を発したアニメブームであったが、安易なTV作品の再編集映画ばかりが公開されそのブームも下火になりつつあった1979年。
日本のディズニーと言われた東映動画が製作した「銀河鉄道999」は、再度アニメブームに火を点けたばかりか、映画界に於けるアニメーションの地位を確立した作品となりました。
東映動画の自社製作第1作となった本作を監督したのは、東映動画の社員では無く東映動画を退社したりんたろう監督でした。
公開から34年、未だに色褪せる事が無い本作品を、スクリーンで是非!ご覧下さい。
また、トークショーでは映画、TV、ゲーム、OVAと一貫してメーテル演じておられる池田昌子さん、そしてりんたろう監督をゲストにお招きして、当時の思い出を伺います。
999ファン垂涎のスペシャルイベント、札止め必至につきご予約はお早めにどうぞ!

1979年 邦画興行成績 第1位
1980年 日本アカデミー特別賞(話題賞)
1979年 キネマ旬報ベスト10 第17位
サウンドトラック『交響詩銀河鉄道999』 オリコンLPチャートで1位
        『銀河鉄道999 ドラマ編』オリコンLPチャート5位
主題歌『銀河鉄道999』オリコンシングルチャート最高位2位・シングル売上は120万枚

<ゲストプロフィール>
rintarou.jpg
りんたろう(りん たろう)
1941年、東京都出身。
1958年、東映動画入社。
1960年、手塚治虫率いる虫プロダクションの設立に参加する。同プロダクションで、「鉄腕アトム」(63~66)、「ジャングル大帝」(65~66)などに参加。
その後フリーとなり、社会現象を巻き起こした劇場用長編アニメーションの『銀河鉄道999』(79)などの傑作を数多く手かける。
1983年の『幻魔大戦』以降は、マッドハウスを拠点に活躍する。
卓越した演出力とビジュアルセンスで、日本を代表するアニメーション監督として、世界的に知られている巨匠。そのほかの代表作に、『カムイの剣』(85)、『火の鳥 鳳凰編』(86)、『X』(96)、『メトロポリス』(01)など多数。
『よなよなペンギン』(09)では、原作を手がけたほか、初のフルCGアニメーションに独自の方法論で挑み、飽くなき探究心で、良作を作り続けている。

2-1-2.jpg
池田昌子(いけだ まさこ)
1939年、東京都出身。
1948年、綴り方集を映画化した「風の子」(山本嘉次郎監督)で子役としてデビュー。
その後、舞台の仕事を始めるようになり、ラジオドラマで声優業を始める。
1969年以降フジテレビ系『ライオン奥様劇場』のNMCプロ製作の昼メロに主要な役で立て続けに出演。
政宗一成が主宰する言霊群団「夢吽空」のメンバーとして後進の指導なども行っていたが、現在は退団している。
アニメの代表作に「銀河鉄道999」のメーテル、「エースをねらえ!」のお蝶夫人など多数、洋画吹替えでは何と言ってもオードリー・ヘプバーンが当たり役。
2007年、第1回声優アワード功労賞を受賞した。

<タイムテーブル>
14時~「銀河鉄道999」上映
16時15分~休憩
16時30分~トークショー ゲスト 池田昌子さん、りんたろう監督
☆サイン会もございますが、お一人二点までとさせていただきます。
18時半頃終演予定
※終演後、りん監督を囲んでの懇親会あり(要別途会費)。

<チャージ>
前売予約5000円 当日5500円
懇親会費(飲み放題付)4000円

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
予約メールにはタイトルを「メーテル予約」とし、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

りんたろう監督特集Vol.1 「銀河鉄道999」



りんたろう監督特集Vol.1 「銀河鉄道999」 
img_1060640_30019038_5.jpg 
©松本零士 東映アニメーション

<開催期日>
4月13日(土)

<上映作品>
「銀河鉄道999」
(1979 監督りんたろう 原作松本零士 脚本石森史郎 声の出演野沢雅子 池田昌子 肝付兼太

<イントロダクション>
1977年公開の「宇宙戦艦ヤマト」に端を発したアニメブームであったが、安易なTV作品の再編集映画ばかりが公開されそのブームも下火になりつつあった1979年。
日本のディズニーと言われた東映動画が製作した「銀河鉄道999」は、再度アニメブームに火を点けたばかりか、映画界に於けるアニメーションの地位を確立した作品となりました。
東映動画の自社製作第1作となった本作を監督したのは、東映動画の社員では無く東映動画を退社したりんたろう監督でした。
公開から34年、未だに色褪せる事が無い本作品を、スクリーンで是非!ご覧下さい。
また、トークショーでは映画、TVで車掌役を演じられた肝付兼太さんをゲストにお招きして、当時の思い出、そしてその膨大な声優キャリア全般についてお話を伺います。
999ファンのみならず必聴のトークイベント、ご予約はお早めに!

1979年 邦画興行成績 第1位
1980年 日本アカデミー特別賞(話題賞)
1979年 キネマ旬報ベスト10 第17位
サウンドトラック『交響詩銀河鉄道999』 オリコンLPチャートで1位
        『銀河鉄道999 ドラマ編』オリコンLPチャート5位
主題歌『銀河鉄道999』オリコンシングルチャート最高位2位・シングル売上は120万枚

<ゲストプロフィール>
kimotsuki1.jpg
肝付兼太(きもつき かねた)
1935年、鹿児島県出身。
高校生の時に、演劇部で木下順二の『夕鶴』を上演したのがきっかけで芝居の道へ進む。
高校卒業後、劇団四季の前身である劇団七曜会に入団。
映画デビューは1956年公開の『こぶしの花の咲くころ』(家城巳代治監督)。
ラジオドラマデビューは、主婦向けの昼の番組『婦人の時間』(NHK)。
アフレコデビューは海外ドラマ『地方検事』(TBS)での暴走族の役。
国産のアニメが登場してからは『0戦はやと』、『ビッグX』、『エイトマン』等に端役で出演するようになるが、1965年、『オバケのQ太郎』のゴジラ役でアニメのレギュラーを獲得。
その後は、ほとんどの藤子不二雄作品に出演するようになり、『ジャングル黒べえ』では初の主役、黒べえ役を演じた。
テレビ朝日版の『ドラえもん』では骨川スネ夫役を1979年の放送開始以来26年間に亘って担当したが、日本テレビ版の『ドラえもん』ではジャイアン役を担当していた。
2005年、第14回日本映画批評家大賞で、大山のぶ代ら『ドラえもん』(テレビ朝日版)のオリジナルレギュラー陣4人とともに田山力哉賞を受賞。
さらに2006年11月、第11回アニメーション神戸で、同じくオリジナルレギュラー陣4人とともに特別賞を受賞。
2007年3月には東京国際アニメフェア2007で、同じくオリジナルレギュラー陣4人とともに第3回功労賞を受賞。
2012年、第六回声優アワード「功労賞」を受賞。
劇団21世紀FOX主宰。
劇団21世紀FOXHP http://www.21fox.co.jp/

<タイムテーブル>
14時~「銀河鉄道999」上映
16時15分~休憩
16時30分~トークショー ゲスト 肝付兼太さん
☆サイン会もございますが、お一人二点までとさせていただきます。
18時半頃終演予定
※終演後、肝付さんを囲んでの懇親会あり(要別途会費)。

<チャージ>
前売予約5000円 当日5500円
懇親会費は当日お尋ねください

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「車掌予約」とし、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

活弁付き上映会「月世界の女」

  ※6日の上映は中止となりました。お詫び申し上げます。また、上映フォーマットがデジタルに変更になりましたことも併せてお詫び申し上げます
活弁付き上映会 「月世界の女」
51s4m3UptDL-1.jpg

<開催期日>
4月7日(日)

<上映作品>
「月世界の女」
(1929 独 モノクロ・サイレント【劇伴付】デジタル 監督・製作・脚本フリッツ・ラング 出演ヴィリー・フリッチ ゲルダ・マウルス)
※2時間38分の長編につき、途中休憩あり

<ストーリー>
青年飛行士ヘリウスが親友ウェンディゲルと共に多年抱く紫の夢は、夜の宇宙に冷く光る神秘の天体月世界への飛行である。今一人同じ夢を抱いて30年貧困と失意の中に日を送る老人がある。マンフェルド博士である。過ぐる日の天文学会に月世界飛行の可能とそこに埋れた金山の存在とを説いて満場の侮蔑を買った博士は以来快々として楽しまない。然も尚世に永らえているのは只一人我が学説を信じ、我と同じ志を抱くヘリウスあるがためである。夢を追う情熱の男ヘリウスも我が夢の如何に危険多きかは知っている。然も彼をして卒然と月世界飛行を決心なさしめたものは愛する女天文学者フリーデが、親友ウェンディゲルと婚約した事であった。マンフェルド博士とヘルウスに依って発表された此の拳を知ったフリーデは女の直感力からヘリウスが何を望んで此の冒険を敢行するかを知った。彼女は遂に許嫁者ウェンディゲルを説いて月世界飛行を共にする。もう一人此の旅行に連なったのは富と事業のためには何物を憚らない米国シカゴの実業家ターナーであった。思い思いの目的と希望を乗せた大ロケットは山と群がる衆人の驚駭を後に一秒間1万1200メートルの速度で蒼々たる大空に飛び去った・・・。

<イントロダクション>
ザ・グリソムギャング初の活弁付き上映会は巨匠フリッツ・ラングがドイツ時代に発表した、「メトロポリス」と並ぶSF大作「月世界の女」をお届けします。
ビジュアル的に有名な「メトロポリス」の陰に隠れている感のある本作ですが、人類がまだ宇宙を知る遥か以前に地球圏外の世界を描いたその豊かなイマジネーションに圧倒される、ラングのサイレント時代の代表作の一本と言っていい作品です。
エスピオナージュ、ラブロマンスの要素も盛り込んだ2時間38分のSF冒険巨編ながら、ラングならではの詩情漂うモノクロ映像美が十分堪能できる本作を更に面白くしてくれるのが、当館副音声上映会でお馴染みの俳優・檀鼓太郎さん。
今回は映写ブースからではなく、スクリーン横から弁士として本作をライブ実況してくれます。
活弁士デビューとなる檀さんとしても大いなる冒険となりますが、「街の灯」などサイレント映画副音声解説の実績を持つ檀さんだけに、必ずやこの「月世界の女」に新たな息吹を吹き込んでくれることでしょう。
活弁付き上映会でも珍しい「月世界の女」、ぜひこの機会にご覧ください!

<活弁士プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
三船敏郎が設立した俳優養成所・三船芸術学院の一期生として俳優修行をスタート。卒業後は、ADとしてTV番組制作に携わった後、舞台俳優となる。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」(指揮:山田和樹)などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活動を開始。
これまで劇場で解説した映画は約70本。障害者福祉会館での練習会や、各地での音声ガイド講座等も加えると、のべ130本以上の作品を解説。
また近年は、アントニオ猪木が主宰するIGFプロレスの大会や、オペラ、コンサートでのバリアフリー実況解説も行っている。
2010年12月、NHK釧路放送局のバリアフリー・イベントにて、NHK時代劇「新撰組~土方歳三、最後の一日」のライブ解説を担当。
2011年12月、NHKラジオ第二の福祉番組に於いて『ライブ音声ガイドの神様』と紹介されるなど、バリアフリー実況解説の第一人者として活躍中。
今回は初の活弁に挑戦。

<タイムテーブル>
15時~「月世界の女」上映(途中休憩あり)
       活弁士 檀鼓太郎さん
★上映前・上映後に檀氏と支配人によるミニ解説トークがあります。
18時頃終演予定
※懇親会はございません

<チャージ>
※デジタル変更に伴い割引になりました 一般・前売予約1500円 当日2000円 
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず4月6日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。


<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「月世界予約」とし、お名前・一般or身障者&介護者人数・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。