スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春ミステリー映画の傑作!「少女たちの羅針盤」上映会


青春ミステリー映画の傑作! 「少女たちの羅針盤」 上映会pict-338446_01_01_02.jpg ©「少女たちの羅針盤」製作委員会

<開催期日>
2012年2月26日(日)

<上映作品>
「少女たちの羅針盤」 
(2010年 監督長崎俊一 脚本 矢沢由美・谷口純一郎 出演成海璃子・忽那汐里・森田彩華・草刈麻有)

<作品解説>
水生大海の同名ミステリー小説を「西の魔女が死んだ」の長崎俊一監督が映画化。4年前の殺人事件と、当時演劇に夢中になっていた4人の少女たちの姿を、現在と過去を交錯させながら描く。出演は「シーサイドモーテル」の成海璃子、「BECK」の忽那汐里、「斬 KILL キリコ」の森田彩華、「青い青い空」の草刈麻有。
公式サイト http://www.rashinban-movie.com/index.html

<イントロダクション>
「西の魔女が死んだ」の長崎俊一監督が3年ぶりに発表した青春ミステリー映画「少女たちの羅針盤」
監督の代表作のひとつでもある「ロックよ、静かに流れよ」から23年、今度は現代を生きる少女たちの青春群像をミステリードラマとともに描き上げた傑作青春映画です。
1970年代後半、自主製作映画でデビューし、その後、コンスタントに商業映画を作り続ける長崎俊一監督をゲストにお招きし、「少女たちの羅針盤」製作にまつわるお話とともに、ご自身の映画への思いを語っていただくトークショー。お見逃しなく!
*トークショー終了後にゲストを交えての懇親会を予定してます。

<ゲスト・プロフィール>
pict-securedownload.jpg
長崎 俊一(ながさき しゅんいち)
1956年、神奈川県出身。
日大芸術学部映画学科で内藤剛志らと自主制作映画活動を行い1978年「ユキがロックを棄てた夏」で第2回ぴあ展「自主制作映画展」で入賞する。
1982年劇場用映画の初監督作品「九月の冗談クラブバンド」公開。
1986年日本人では初めてサンダンス・インスティテュートに招かれた。
その後もコンスタントに作品を手掛けている、日本映画界のベテランである。
主な作品
「ユキがロックを棄てた夏」(1978)、「ロックよ、静かに流れよ」(1988年)、「ナースコール」(1993年)、
「闇打つ心臓」(2005年)、「8月のクリスマス」(2005年)、「黒帯 KURO-OBI」(2006年)、「西の魔女が死んだ」(2008年)

<タイムテーブル>
14時00分~「少女たちの羅針盤」上映
16時00分~休憩
16時15分~トークショー ゲスト 長崎俊一監督
18時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2000円 当日2500円
懇親会費(当日お尋ねください)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
kurayamidoji@yahoo.co.jp
「羅針盤予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。

スポンサーサイト

アクションムービーコンペティション審査員特集Vol.3 きうちかずひろ編


アクションムービーコンペティション審査員特集Vol.3  きうちかずひろ編
関連作品参考上映+スペシャルトークショー

<開催期日>
2月18日(土)

<イントロダクション>
ついに作品公募が始まった映画ファン主導のアクション映画限定映画祭「アクションムービーコンペティション2012」。
その趣旨に賛同した映画人たちが審査員として協力、単なる映画のお祭りとしてではなく、プロの登竜門として日本映画界の活性化を目指し、2月25日に開催されます。
「アクションムービーコンペティション2012」に全面協力する当ザ・グリソムギャングでは、第一回目となるこの映画祭を盛り上げるために、審査員を務める監督諸氏の作品を特集上映することを決定、その第三弾として漫画家と映画監督の二つの顔を持つ唯一の審査員きうちかずひろ監督と、きうち作品の常連俳優で映画・テレビなど多方面で活躍する名バイプレイヤー成瀬正孝さんをゲストにお迎えし、アクションにこだわり続けてきたお二人の映画人生と、「アクションムービーコンペティション2012」に寄せる期待、そして次世代のアクション映像作家に向けてのメッセージなどを大いに語っていただくスペシャルトークショーを開催します。
トークショー前には成瀬さんが重要な役どころで出演されているきうち作品を参考上映しますので、こちらもお見逃しなく!
この映画祭を盛り上げて、閉塞した日本アクション映画界にみんなで風穴を開けましょう!
アクションムービーコンペティション2012公式HP http://hardboiled-yokohama.com/2011/

<ゲストプロフィール>
pict-0205210355451.jpg
きうちかずひろ
1960年、福岡県出身。
「狂犬ブギ」で少年ジェッツ第1回新人まんが賞佳作入選。
「ビー・バップ・ハイスクール」で第8回ちばてつや賞優秀新人賞受賞。
1988年に「ビー・バップ・ハイスクール」で第12回講談社漫画賞を受賞。
1991年にはVシネマ「カルロス」で映画監督デビュー。
代表作に「鉄と鉛」(1997)、「共犯者」(1999)などがある。

pict-7448.jpg
成瀬正孝(なるせ まさたか)
1950年、長崎県出身。
1969年、第13期ニューフェースとして東映に入社。
デビュー当時は主演女優の相手役に抜擢されるなど二枚目のホープだったが、やがて悪役・殺され役専門の脇役俳優で構成されたユニット「ピラニア軍団」に加入。
室田日出男、川谷拓三、小林稔侍、志賀勝、片桐竜次ら同志と共に、仁義なき戦いシリーズに代表される70年代の東映実録ヤクザ映画を影で支えた。
刑事ドラマや時代劇、Vシネマでもヤクザや凶悪犯などの悪役を様々な作品で怪演したが、近年は善役を演じる機会も多く、円熟味のある演技を見せている。
きうちかずひろ監督作品にはほぼ全作品出演しており、監督の信認は厚い。
特に親友渡瀬恒彦とバディを組んだ「鉄と鉛」は代表作の一本。
公式HP http://www.niconicoya.com/naruse_masataka/

<タイムテーブル>
15時~きうちかずひろ監督・成瀬正孝さん出演作品参考上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト きうちかずひろ監督成瀬正孝さん(俳優)
     MC 堀池仁アクションムービーコンペティション実行委員長
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について ※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「きうち予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。


祝!日活100周年記念イベント シネ・ロッポニカ特集Vol.3 「リボルバー」


祝!日活100周年記念イベント シネ・ロッポニカ特集Vol.3
「リボルバー」
pict-5460c32ddb.jpg

<開催期日>
2月12日(日)

<上映作品>
「リボルバー」(1988年 日活 監督藤田敏八 脚本荒井晴彦 主演沢田研二 柄本明)

<ストーリー>
巡査部長の清水信彦は見合いの相手・亜代と付き合っていたが、あまり結婚したいとは思っていなかった。ある日清水は公園で、会社員の阿久根に拳銃を奪われた。阿久根は不倫の相手で同じ会社のOL・美里が別の男と結婚することになり逆恨みしていた。しかし、二人を殺すことはできず、拳銃を動物園のゴミ箱に捨てた。高校生の進が、それを拾ってしまい…。

<イントロダクション>
ついに2012年、創立100周年の節目を迎える日本最古の映画会社日活。
ザ・グリソムギャングではその偉大な足跡を辿るべく、プレ100周年イベントを2011年初頭から何度か開催してきました。
そして、100周年となる2012年最初の特集上映として、ロマンポルノの後を受けてスタートしたものの、わずか半年あまりで消えていったシネ・ロッポニカを取り上げていきます。
特集第3弾はシネロッポニカ最高傑作の呼び声高い、名匠藤田敏八監督の遺作「リボルバー」をお届けします。
一丁の拳銃を巡って、様々な人間模様が織り成す群像劇は、正に和製アルトマン作品とでも呼びたくなるような面白さで、俳優沢田研二の代表作の一本です。
上映後のトークショーでは、70年代日活ロマンポルノで頭角を現し、その後名匠・巨匠と組んで現在に至るまで数々の名作・傑作を書き続けてきた日本映画界の至宝・脚本家荒井晴彦氏をゲストにお招きし、本作製作時の思い出や、今は亡き藤田敏八監督との思い出、さらに日活最後の制作ブランドとなった(海外マーケットターゲットのスシタイフーンは含まず)シネ・ロッポニカの誕生と終焉についてお話を伺います。
100周年を機に、更なる躍進を遂げようとする日活の歴史を、ゲストの皆さんとご一緒に振り返っていきましょう!

<ゲストプロフィール>
pict-arai001.jpg
荒井晴彦あらい はるひこ)
1947年、東京都出身。
早稲田大学文学部除籍後、若松プロダクション「秘花」(71)で脚本家デビュー。
その後、田中陽造に師事し、70年代後半から日活ロマンポルノやATGなど低予算作品の良作を手がけるようになる。
80年代に入ると「探偵物語」(83)、「Wの悲劇」(84)など角川映画の話題作から「ひとひらの雪」(85)、「ベッド・イン」(87)などアダルトな作品まで幅広いジャンルで活躍。
「身も心も」(97)で監督デビューを果たす。
21世紀に入ってからは作品本数こそ少ないものの、「ヴァイブレータ」(03)、「やわらかい生活」(06)など発表毎に高い評価を受けている。
季刊誌『映画芸術』発行人、編集長。

<タイムテーブル>
14時30分~「リボルバー」上映
16時40分~休憩
16時50分~トークショー ゲスト 荒井晴彦さん
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円
懇親会費4500円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「リボルバー予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。


ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画② 日韓シリアルキラー対決Vol.2 「悪魔を見た」


ザ・グリソムギャング10周年記念特別企画② 日韓シリアルキラー対決Vol.2  
「悪魔を見た」pict-338461_01_01_02.jpg
pict-338461_01_04_02.jpg

<開催期日>
2012年2月4日(土)~5日(日)

<上映作品>
「悪魔を見た」(2010年 韓国 監督キム・ジウン 脚本パク・フンジョン 主演イ・ビョンホン チェ・ミンシク)

<ストーリー>
ある夜、国家情報員捜査官スヒョンの婚約者ジュヨンが何者かに惨殺され、バラバラ死体となって発見される。怒りに駆られたスヒョンは、ジュヨンの父で重犯罪課の刑事だったチャンの協力を得て、やがて犯人が残虐な殺人に快楽を見出す悪魔のような男、ギョンチョルであることを突き止める。そして、ギョンチョルを見つけ出すや、徹底的に叩きのめすスヒョン。しかし、とどめを刺すことなく、追跡用のGPSカプセルを飲み込ませると、そのまま解放してしまうのだった。こうして、ギョンチョルが新たな凶行に及ぼうとするたび、先回りしてはギョンチョルに容赦のない制裁を加えていくスヒョンだったが…。
公式HP http://isawthedevil.jp/

<イントロダクション>
2011年の映画界を席巻した2大問題作「冷たい熱帯魚」、そして「悪魔を見た」。
グリソム支配人が2011年度邦・洋のそれぞれべスト1に推すこの2作品は、奇しくも猟奇殺人鬼を描いていますが、その主役たるでんでん、チェ・ミンシクのシリアルキラーぶりは、彼らのフィルモグラフィの頂点とも言うべき名演技です。
今回はこの2つの傑作を2週連続上映、その狂気から生み出されるカタルシスを味わい尽くしていただきます。
第一弾は今や日本のみならず世界の注目を一身に集めている稀代のフィルムメイカー園子温監督の「冷たい熱帯魚」。
人間の奥底に眠るダークなパッションを追求し続けてきた園監督の集大成とも言うべきこの傑作は、年末から発表される映画賞、べスト10を大いに賑わすこと間違いなしでしょうが、グリソムでは豪華ゲスト陣をお招きして、本作の魅力を当館なりの観点から掘り下げたいと思います。
そして続く第二弾は、やはり現在の韓国映画界をリードする鬼才キム・ジウンが盟友イ・ビョンホンに加え、韓国を代表する名優チェ・ミンシクを主演に迎えて、連続殺人鬼と彼にフィアンセを殺害された国家情報員捜査官の命を賭けた追跡ゲームを、観る者の想像を絶する凄惨さとブラックユーモアを交えて描いた「悪魔を見た」を上映。
日本の映画人にも衝撃を与えた本作を、クリエイターの立場から語っていただくトークショーを上映後に開催。
日本映画の低迷を尻目に勢いに乗る韓国映画のパワーの源泉を、開館当初からグリソムにゆかりあるお二方森山茂雄監督、脚本家金子二郎さんをお招きして大いに論じ合います。
今年、10周年を迎えるザ・グリソムギャングが総力を結集してお送りする特別イベント。
お見逃しなく!!

<ゲストプロフィール>
森山茂雄もりやま しげお)
東京都出身。
大学卒業後、ピンク映画界に身を投じ長らく助監督として活躍。池島監督の師事を得る。2002年に師匠プロデュースの下、自らの脚本「桜井風花 淫乱堕天使」で念願の監督デビューを果たす。堅実な作風のため年一本程度と寡作ではあるが、今後の飛躍が期待される気鋭。
当館で上映されるインタビュー映像の編集も手掛ける。
新作は12月に公開された「それでも人生にイエスと言う」(公開タイトル「あぶない美乳 悩殺ヒッチハイク」)。
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1594738

金子 二郎(かねこ じろう)
1962年、東京都出身。
東京都立調布南高等学校、東洋大学文学部英米文学科卒業。日本脚本家連盟会員。
父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝である。兄は映画監督の金子修介。一時期、金子弦二郎の名義で執筆。
代表作に「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」(1999年 金子弦二郎名)「The iDol」(2006年)「Girl's BOX ラバーズ☆ハイ」(2008年)などの劇場映画の他、「ウルトラマンマックス」「百鬼夜行抄」「ケータイ捜査官7」などテレビシリーズ多数。
昨年10月、当館で初の特集上映会を開催、好評を博した。
新作映画「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」が11月ロードショー公開。
<ジロッカーの世界征服計画 密かに世界征服を企む脚本家金子二郎のブログ>http://blog.livedoor.jp/jirocker_guitar/

<タイムテーブル(両日共)>
14時~「悪魔を見た」上映
16時40分~休憩
17時~トークショー
ゲスト 4日 森山茂雄監督     
    5日 金子二郎さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり

<チャージ(両日共)>
前売予約2000円 当日2500円 日本映画大学生・日本映画学校生1000円(要学生証提示)
懇親会費4000円(チゲ鍋あるいはサムゲタン食べ放題・飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「悪魔予約」と題し、希望日・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。


プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。