スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・グリソムギャング10周年記念企画第1弾!年越し上映会「イースタン・プロミス」


ザ・グリソムギャング10周年記念企画第1弾!
              年越し上映会「イースタン・プロミス」
pict-329782_01_07_02.jpg

<開催期日>
12月31日(土)~1月1日(日)

<上映作品>
「イースタン・プロミス」(2007 英=加=米合作 監督デヴィッド・クローネンバーグ 主演ヴィゴ・モーテンセン ナオミ・ワッツ ヴァンサン・カッセル)

<ストーリー>
クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を調べ始める。ロシア語の分からないアンナは、挿まれていたカードを頼りにロシア料理の店を訪ねる。そしてその店の前で、運転手だという謎めいた男、ニコライと出会うアンナだったが…。

<イントロダクション>
2002年8月3日にオープンして以来、いつも閑古鳥が鳴いているにもかかわらず奇跡的に10周年を迎えられそうな当シネマバー ザ・グリソムギャング。
10年間支えてくださった一部の皆様への感謝と運営スタッフの労をねぎらう意味を込め、新春から夏まで10周年企画上映を数回にわたり開催します。
その第一弾として行うのが、当館初の試みとなる年越し上映会。
大晦日に年越しそば、元旦にお雑煮を、それぞれ食べ放題で映画と共にお楽しみいただきます。
上映作品は鬼才デヴィッド・クローネンバーグが「ヒストリー・オブ・バイオレンス」で見せたフィルムノワールへの羨望の念をさらに特化させた傑作「イースタン・プロミス」。
ロシアンマフィアの暗部に斬り込んだスティーブ・ナイト(「アメイジング・グレイス」)の脚本も見事ですが、ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルら今をときめく旬のスターたちの豪華競演に加え、監督作品「エッセンシャル・キリング」が話題になったばかりのイエジー・スコリモフスキや、ベテランバイプレイヤーアーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザックらの好助演も作品に厚みを加えています。
上映後には、当館支配人とバーマスターの映画談議にもお付き合いください。
激動の2011年の締めと、新規巻き返しの2012年の幕開けはザ・グリソムギャングで過ごしましょう!

<タイムテーブル>
12月31日
16時~映画上映
17時50分~休憩
18時~トークショー「2011年上映会総まくり」当店支配人×マスター
19時~バースペースにてグリソム特製年越しそば食べ放題(つけ鴨南蛮・天ぷら付。飲み物は別途オーダー下さい)
20時30分~ラストオーダー
※バースペースは明朝まで営業していますので、自由散会

1月1日
16時~映画上映
17時50分~休憩
18時~トークショー「元旦早々クローネンバーグを語ろう」当店支配人×マスター
19時~バースペースにてグリソム特製鴨肉入お雑煮食べ放題(飲み物は別途オーダー下さい)
20時30分~ラストオーダー
※バースペースは明朝まで営業していますので、自由散会

<チャージ(両日共)>
前売予約2500円 当日3000円(共に年越しそば、お雑煮食べ放題料金含む。ただし当日参加枠は食材都合で2,3名分しかございませんので、お断りする場合がございます。出来るだけ事前予約をお願いします)
※食材準備の都合上、キャンセルは不可とさせていただきます。

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「年越し予約」と題し、希望日時・お名前・参加人数・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。





スポンサーサイト

クリスマス特別企画 「ゴジラ対ヘドラ」公開40周年記念上映会


クリスマス特別企画 「ゴジラ対ヘドラ」公開40周年記念上映会pict-11ゴジ~1 ©東宝

<開催期日>
12月25日(日)

<上映作品>
「ゴジラ対ヘドラ」(1971 東宝 監督坂野義光 特殊技術中野昭慶 主演山内明)

<ストーリー>
公害による海洋汚染が進む駿河湾の河口でオタマジャクシに似た奇妙な生物が見つかる。そして原因不明のタンカー事故が相次ぐ。調査へ出かけた海洋学者の矢野と息子の研は、ナゾの生物に襲われて傷を負う。
謎の生物は「ヘドラ」と命名された。ゴーゴー喫茶で踊っていた行夫とミキは工場の排煙を求めて上陸したヘドラに遭遇する。そこへゴジラが出現! 二頭は激しい戦闘を繰り広げて海に消えた。ヘドラは空を飛び硫酸ミストを撒き散らして人々を恐怖とパニックのどん底に突き落とす。人間が元凶の公害から生まれたヘドラに地球の全生物は滅ぼされるのか? そして富士山麓を揺るがすゴジラとヘドラの戦いの行方は……?

<イントロダクション>
ゴジラが空を飛ぶ! ヘドラが人間を溶かす! 
第二次怪獣ブームの口火を切った意欲作であり、ゴジラ映画最大の異色作! 
公開40周年の2011年に滑り込みセーフのタイミングで開催する「ゴジラ対ヘドラ」上映会です!
ゲストは、恐怖の公害怪獣ヘドラを生んだ鬼才・坂野義光監督と、70年代ヒーローゴジラの演出で子供たちを魅了した重鎮・中野昭慶特技監督
通常のトークイベント2本以上の約3時間半の超ロングトークで、二大監督が激突します! 
カルトな名曲「かえせ!太陽を」に乗って蘇るトラウマ! 元チビッコに送る最高のクリスマスプレゼント! 
2011年、特撮イベントのトリを飾る「ゴジラ対ヘドラ」をお見逃しなく!

<タイムテーブル>
12時30分~受付開始
13時~ 「ゴジラ対ヘドラ」上映
14時30分~休憩
14時50分~3時間半ロングトークショー 
第一部:坂野監督トーク第二部:中野監督トーク第三部:W監督トーク
18時30分~サイン会
※サインは、ゲストお一方に対し2点まででお願いします。
19時頃終演予定  
※終演後、当店隣もんじゃ焼き「根ぎし」でゲストを囲んで懇親会(要別途会費)

<チャージ>
前売予約5500円 当日6000円
懇親会費5000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
vamp1970@gmail.com
「ヘドラ予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
☆なお、トークイベントはやむを得ぬ事情で中止になる場合がございます。その際に生じた如何なる損害(例:交通費、宿泊費、有休等)につきまして当店では一切責任を負いかねますので、特に遠方よりお越しの方は予めリスクをご了承の上ご予約下さい。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。

「こぐま兄弟舎設立20周年記念」プレ・イベント  「くまちゃん」&「地球に落ちてきたくま」上映会


「こぐま兄弟舎設立20周年記念」プレ・イベント 小中兄弟からのクリスマスプレゼント付き! 
「くまちゃん」&「地球に落ちてきたくま」上映会
pict-20081103123556.jpg
©ポニーキャニオン

<開催期日>
12月24日(土)

<上映作品>
「くまちゃん」(1992年 監督小中和哉 脚本・音楽小中千昭 出演草刈正雄 川合千春)
「地球に落ちてきたくま」(1982年 監督小中和哉
※「くまちゃん」は35ミリ、「地球に落ちてきたくま」は8ミリでの上映。

<イントロダクション>
今年4月に開催し、好評を博した小中和哉監督特集ですが、その際に上映した「くまちゃん」は小中千昭、和哉兄弟が設立したこぐま兄弟舎が製作した第一回劇場用映画。
8ミリ少年期からくまのぬいぐるみにこだわり続けた小中兄弟のモニュメントとも言える作品ですが、未だDVD化されず、なかなか上映される機会に恵まれない不遇作でもあります。
今回は、本作の原点となった小中和哉監督の8ミリ作品「地球に落ちてきたくま」を特別併映、小中兄弟の創作の源をあらためて探るトークショーを行います。
しかもお越しくださった皆様には、もれなく小中兄弟がプライベートグッズ、自己作品に関わる秘蔵グッズをクリスマスプレゼント!
何がもらえるかは当日のお楽しみです。
また、終演後には、来年設立20周年を迎えるこぐま兄弟舎のお祝いを兼ねたクリスマスパーティーも開催(要別途会費)。
クリスマスイブは小中兄弟と楽しく過ごしましょう!

<ゲストプロフィール>
小中和哉(こなか かずや)
1963年、三重県出身。
小学生の頃から8ミリを回しはじめ、8mmや16mmで多くの自主制作映画を製作。
立教大学時代に製作した『地球に落ちて来たくま』は実写特撮とアニメーションとを駆使した作品で、自主制作映画にはめずらしくエンターテイメント性に溢れている。
学生時代には手塚眞監督の自主制作映画『FANTASTIC★PARTY』(1978・8mm)『HIGH-SCHOOL-TERROR』(1979・8mm)等に出演している。
1985年大学卒業後メディア・ワークショップにて映像を学び、同年『星空のむこうの国』で劇場映画にデビュー。
池袋の映画館・文芸座の出資を得た同作は、文芸座ル・ピリエで公開し、同劇場の興行記録を塗り替えた。
1992年には実兄の小中千昭と共に有限会社こぐま兄弟舎を設立。
兄弟の最初の共作は、酒井法子のビデオクリップ『WHITE GIRL STORY』。
代表作は『四月怪談』(1987)、『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』(1998)、『なぞの転校生』(1998)、 『ミラーマン REFLEX』(2006)など多数。

小中 千昭(こなか ちあき)
1961年東京都出身。
幼少の頃より映画、テレビを問わず、ファンタジー性の強いドラマに惹かれる。
1971年に『死因不明事件』と題された8mm映画を10歳で制作(未完)。
以後、アマチュア時代はほぼ1年に1本のペースで自主制作映画を撮り続ける。
1986年、映像ディレクターとしてプロデビュー。
現在はSF、ホラー、ファンタジー系の作品の脚本執筆が活動の主体。映画、テレビ、オリジナル・ビデオ、小説、ゲームなど多彩なメディアで活躍する。
代表作に、実弟のSF映画監督・小中和哉との映画『くまちゃん』(音楽も担当)、特撮『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンガイア』、アニメ『serial experiments lain』などがある。アニメ『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』では全エピソードの脚本を執筆している。
公式HP http://www.konaka.com/

<タイムテーブル>
14時~「地球に落ちてきたくま」上映
15時~休憩
15時15分~「くまちゃん」上映
17時~休憩
17時10分~トークショー ゲスト 小中和哉監督、小中千昭さん
トークショー後、サイン会、撮影会、クリスマスプレゼント進呈コーナーあり。
19時頃終演予定
※終演後、バースペースにてゲストを囲んでのクリスマスパーティーあり(要別途会費)

<チャージ>前売予約3000円 当日3500円
クリスマスパーティー参加費4500円(飲み放題・クリスマスケーキ付)

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
件名欄に「くまちゃん予約」とし、本文にお名前・人数・クリスマス会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆なお、トークイベントはやむを得ぬ事情で中止になる場合がございます。その際に生じた如何なる損害(例:交通費、宿泊費、有休等)につきまして当店では一切責任を負いかねますので、特に遠方よりお越しの方は予めリスクをご了承の上ご予約下さい。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。
皆様のご理解をよろしくお願いいたします。


  

吉岡睦雄×いまおかしんじ「ヒバリ」「おじさん天国」


「吉岡睦雄×いまおかしんじ」日本映画珠玉の名コンビ!


<上映作品>
hibari.jpg

「ヒバリ」
2002年 監督 今岡信治 出演 高野まりえ 吉岡睦雄 米倉あや 
(吉岡睦雄さんデビュー作)

ojisan.jpg
「おじさん天国」
2006年 監督 いまおかしんじ 出演 下元史朗 藍山みなみ 吉岡睦雄 松原正隆
(吉岡睦雄さんピンク映画大賞男優賞受賞作)
(イメージイラスト:いまおかしんじ)

<開催期日>
12月23日(祝・金)15時~


<イントロダクション>
本年「若きロッテちゃんの悩み」「UNDERWATER LOVE おんなの河童」の2作が公開され、今日本映画界で一番話題のいまおかしんじ監督。グリソムギャングでは過去「白日夢」「罪tsumi」「いくつになっても男と女」などの話題作を上映してまいりました。
この度いまおか作品を上映するにあたり、その常連俳優である吉岡睦雄さんをお招きしていまおか作品の素晴らしさ、吉岡睦雄さんの魅力について探っていきたいと思います。
上映作品は吉岡さんのデビュー作「ヒバリ」(公開タイトル「したがる先生 濡れて教えて」)そして吉岡さんのピンク映画大賞男優賞受賞作「おじさん天国」(公開タイトル「絶倫絶女」)の2本。
何卒よろしくお願いたします。

<作品紹介>
「ヒバリ」
高校教師の紀子(高野まりえ)は年下の恋人、耕一(吉岡睦雄)と付き合っていたが耕一は浮気がち。そんな彼をもてあます紀子だったが、同僚は「許しちゃだめ」とアドバイス。
紀子は生徒中村から絵のモデルになってほしいと頼まれる。行ってみた紀子だったが、中村はトイレで着替える紀子を盗撮していた。耕一は新しく知り合った予備校生と仲が深まっていくようで紀子は気が気でない。
吉岡睦雄さん、記念すべきデビュー作!
「おじさん天国」
ハルオ(吉岡睦雄)は水産会社に勤めて同僚のリカと付き合っていた。ある日おじさんの高山たかし(下元史朗)が居候しはじめる。おじさんは眠ると怖い夢をみるため眠ることが出来ない。そのためいつもオロナミンCを飲んでいた。
巨大イカは登場するわ、地獄にいくわ、でいまおかしんじの摩訶不思議ワールド炸裂!炸裂しすぎてついてこれるか?!

<タイムテーブル>
15時~17時20分 予告「ヒバリ」「おじさん天国」上映
17時30分~19時頃 吉岡睦雄さん いまおかしんじ監督トークイベント
19時頃~  吉岡さん、いまおか監督を囲んでの観客参加の忘年会

<料金>
一般 2500円
メール予約 2000円
学生 1500円

懇親会(忘年会) 4000円程度(当日ご確認ください)

<ゲストプロフィール>
imaoka.jpg
いまおか しんじ 
1965年 大阪府堺市生まれ。
横浜市立大学中退後、獅子プロダクションに入社。佐藤寿保、渡辺元嗣、瀬々敬久らの監督作品で助監督を勤める。1995年には、神代辰巳監督の遺作「インモラル 淫らな関係」に助監督として参加。同年、ピンク映画「獣たちの性宴 イクときいっしょ」で監督としてデビュー。たちまち高い評価を得る。
2005年製作の「援助交際物語 したがるオンナたち」は2005年度ピンク大賞でピンク映画ベスト10第1位となり、作品賞、監督賞等を受賞、「かえるのうた」と改題され一般上映された。同様に成人映画専門館で公開後に改題の上一般映画として公開される作品も多く、「獣たちの性宴 イクときいっしょ」は「彗星まち」として、林由美香の代表作「熟女・発情 タマしゃぶり」は「たまもの」として、それぞれ公開される。また一般映画作品として谷崎潤一郎原作「白日夢」(2009)を愛染恭子と共同監督をする。
ピンク映画界では「ピンク七福神」の一人に数えられるが、その中でも特に人気が高い。


yoshioka.jpg
吉岡睦雄
1976年 広島県生まれ。
2002年今岡信治監督「ヒバリ(したがる先生 濡れて教えて)」で映画デビュー。「たまもの」「おじさん天国」「かえるのうた」等のいまおかしんじ監督作品の常連俳優。愛染恭子引退作品「奴隷船」(10/金田敬監督)から原子力施設問題を扱った「へばの」(08/木村文洋監督)、「婚前特急」(11/前田弘二監督)などコメディからシリアスまで多彩な役柄を演じる。今後のさらなる活躍が期待される。

<「ヒバリ」の頃>(文・吉岡睦雄)
25歳の冬。 映画に出てみないかと、今岡さんから電話をもらったのはちょうどそんな頃でした。 台本の表紙は、今岡さんの書いたヒバリの絵でした。 公開タイトル「したがる先生 濡れて教えて」 何度も新宿国際に観に行きました。フレッシュネスバーガーの帰り道、毎日の様にポスタ ーの自分の名前を眺めておりました。 ただただ嬉しかったです。
墓場に持っていけるなら、「ヒバリ」にしようと思います。
是非ともスクリーンで、観ていただけたらと思います。
「おんなの河童」公式ブログより。一部略)

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス asahi@j-kinema.com
※先着順に受付します。
件名欄に「いまおか予約」とし、本文にお名前・人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2~3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。

☆10月28日~29日は担当者不在のため、返信が出来ません。この期間のお申し込みの返信は10月31日以降になります。

☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。

☆なお、トークイベントはやむを得ぬ事情で中止になる場合がございます。その際に生じた如何なる損害(例:交通費、宿泊費、有休等)につきまして当店では一切責任を負いかねますので、特に遠方よりお越しの方は予めリスクをご了承の上ご予約下さい。

☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。

「ホームカミング」上映会

17日
18日
「ホームカミング」 上映会pict-338258_01_01_02.jpg ©ホームカミング製作委員会

<開催期日>
12月17日(土)~18日(日)

<上映作品>
「ホームカミング」(2010 監督飯島敏宏 出演高田純次 高橋惠子 秋野太作 桜井浩子  麗奈

<ストーリー>
仕事一筋の鴇田和昭も61歳となり、ついに定年退職を迎える。これからは、サラリーマン人生をかけて手に入れたマイホームで、妻と一緒に第二の人生をスタートさせるべく気持ちを切り替える。そんな鴇田が暮らす郊外の街“虹の丘タウン”は、かつては理想の街と謳われたニュータウンだったが、いまや平均年齢68歳の老人の街となっていた。鴇田は街に活気を取り戻そうと、同世代の仲間たちと共に地元のお祭りを復活させるべく行動を開始するが…。

<イントロダクション>
「ウルトラマン」「金曜日の妻たちへ」を生み出した飯島敏宏監督が38年振りにメガホンをとった劇場用作品「ホームカミング」
高齢社会の日本が抱える問題を、飯島監督らしいユーモアと人情で描き出した好編として、ロケ地東京都町田市中心として話題になりました。
しかし、本年3月13日公開直前の11日に起きた「東日本大震災」より公開に著しく影響を受けた本作品。
劇場でご覧になれなかった皆さんも多いのでないでしょうか?
既に、DVDが発売済みですが一人でも多くの方にスクリーンで観て頂きたいと言う事で今回ザ・グリソムギャングでの上映が決定しました。
ゲストには、もちろん飯島敏宏監督、そして主人公鴇田の妻摩智役高橋惠子さん、鴇田と共にお祭り開催に奮闘する佐藤役秋野太作さん、ウルトラマンのフジアキコ隊員でお馴染みの桜井浩子さん、若さ弾ける美人巡査役を好演した麗奈さんと、飯島監督久々の本編作品を応援・協力くださったビッグネームが駆けつけてくださることになりました。
木下恵介プロ仕込みのドラマツルギーと、35ミリフィルム撮影にこだわって製作された「活動屋」魂溢れる本作と、関係者によるその製作舞台裏トークを存分にお楽しみください!

<タイムテーブル>
17日 
15時~ 「ホームカミング」 上映
16時50分~休憩
17時~トークショー ゲスト 飯島敏宏監督高橋惠子さん麗奈さん
※トークショー後、サイン会あり(お一人一点)
19時終演予定
※終演後、飯島監督を囲んでの懇親会あり(要別途会費)

18日
14時~ 「ホームカミング」 上映
15時50分~休憩
16時~トークショー ゲスト 飯島敏宏監督秋野太作さん桜井浩子さん
※トークショー後、サイン会あり(お一人一点)
18時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ(両日とも)>
前売予約3500円 当日4000円
懇親会費(飲み放題付) 17日4000円(高橋さんは参加されませんのでご注意ください) 18日5000円
※両日とも事前予約のみの受付となります。ご予約の際、懇親会参加の有無を書かれていない方は不参加とみなしますのでくれぐれもご注意ください。また、懇親会はキャンセル不可となりますので、ご了承ください。

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ホームカミング予約」と題し、希望日・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。
また、最近予約後のキャンセルが急増しております。
キャンセル自体は承りますが、次回以降の予約に関しては補助席扱い、あるいは予約をお断りする場合もございます。
当日キャンセルにつきましては、次回以降の予約を一切受け付けませんので予めご了承くださるようお願い申し上げます。

注)トークショー後のサイン会は、ゲストお一方に対し1点までになります。
また、トーク中の写真撮影は、原則禁止です。
懇親会中の写真撮影、サインのお求めも禁止とさせていただきます。
申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。
   

放送40周年記念「ミラーマン」上映会

10日
11日
放送40周年記念 「ミラーマン」 上映会
pict-MM特C013A_18
©円谷プロ

<開催期日>
12月10日(土)~11日(日)

<上映作品>
第1話「ミラーマン誕生」 (監督本多猪四郎)
第7話「打倒! 人体侵略作戦」 (監督満田かずほ ゲスト出演 ひし美ゆり子)
第50話「地球最後の日」 (監督東條昭平)
第51話「さよならミラーマン」 (監督東條昭平)
※全作品16ミリフィルム上映

<イントロダクション>
昭和46年12月5日、奇しくも「ウルトラマン」が放送された日曜夜7時に新しいヒーローが生まれました。
その名は「ミラーマン」。
新生円谷プロが、生み出した「ミラーマン」はハードなSF路線を目指し、当時「変身ブーム」に沸くTVシリーズの中では、特に異彩を放っていました。
そして放送から、40年。
当時の出演者、製作者の方々と「ミラーマン」の魅力を語り合いたいと思います。

第一夜「再会!鏡京太郎と御手洗朝子」
主役の鏡京太郎を演じられた石田信之さんと、ヒロイン御手洗朝子を演じられた澤井孝子(当時 沢井孝子)さんに、当時の思い出を伺います。

第二夜「ミラーマン創世記」
本作に企画・脚本として参加された脚本家田口成光さんと企画・監督・プロデューサーとして関わられた満田かずほ監督に「ミラーマン」誕生までの道程と放送当時のお話を伺います。
また、特別ゲストとして満田監督作品のヒロインひし美ゆり子さんもトークにご参加頂きます。
pict-MM特C049_16  ©円谷プロ

<タイムテーブル>
12月10日(土)
14時30分~受付開始→劇場入場(整理番号順)
15時~「ミラーマン」上映(4話連続上映)
16時50分~休憩
17時10分~トークショー ゲスト 石田信之さん澤井孝子さん
18時30分~サイン会
19時頃終演予定  
※終演後、当店隣もんじゃ焼き根ぎしでゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

12月11日(日)
13時30分~受付開始→劇場入場(整理番号順)
14時~「ミラーマン」上映(4話連続上映)
15時50分~休憩
16時10分~トークショー ゲスト 満田かずほ監督田口成光さん、ひし美ゆり子さん
17時30分~サイン会
18時頃終演予定  
※終演後、タクシーで調布のアジアンタイペイ(ひし美さん経営店)に移動し、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)。
懇親会は現地解散になります(21時頃予定)。

<チャージ>
10日 前売予約4500円 当日5000円
11日 前売予約3500円 当日4000円
2日通し7500円(前売予約のみ)
懇親会費(両日とも・飲み放題付)5000円
※11日は移動タクシー代も含む。なお、懇親会は両日とも前売予約のみ、当日参加および予約キャンセル不可となります。予めご了承ください。

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
予約についてのご注意
今回は、特別興行につき、従来と予約方法・イベント内容が異なります。
下記の注意事項を必ずお読みください。
※1 予約開始日
   10月22日 10:00~
   予約受付は、メールのみになります。
   メールは、mitaieiga@gmail.com 
   「希望日、人数。懇親会参加の有無」をお知らせ下さい。
※2 予約初日は、懇親会参加の方を優先させて頂きます。
※3 予約は、参加費・懇親会費の振り込み確認を持って完了とします。
   振込み費用は、参加者でご負担頂きます。
※4 サインは、ゲストお一方に対し2点までになります。
   ただし、石田信之さんにつきましては著書「さよならミラーマン」お買い上げの方にのみのサインになります。
   予めご了承ください。(「さよならミラーマン」【¥1600】は当日会場で即売会を行います。
   売り切れの可能性もございますので、確実にご購入されたい方はメールにてご予約ください)
※5 トーク中の写真撮影、懇親会中の写真撮影、サインのお求めは禁止です。
※6 当日は、円谷プロによる撮影が行われます。






第十六回寄席 愚離粗無亭“ロスト・アイズの巻” 「ロスト・アイズ」


第十六回寄席 愚離粗無亭“ロスト・アイズの巻” 
pict-339555_01_06_02.jpg

<開催期日>
12月4日(日)

<上映作品>
「ロスト・アイズ」
(2010 スペイン 製作ギレルモ・デル・トロ他 監督ギリェム・モラレス 主演ベレン・ルエダ ルイス・オマール)

<ストーリー>
先天的な眼の病気で徐々に視力を失う運命にある女性、フリア。ある日、すでに視力を完全に失い、角膜手術を終えたばかりの双子の姉サラが自殺したことを知らされショックを受ける。しかし、その死に不審なものを感じたフリアは、独自にサラの周辺を調べ始めることに。次第に明らかとなる驚きの事実。その一方で、フリアの視力はどんどん失われていく。やがてフリアは、自分が姉と同じ道を辿っていることを自覚し、恐怖を増幅させてしまうのだが…。
公式サイト http://www.facebook.com/losteyes.movie

<落語>
口演 三代目 桃月庵白酒
演目 「景清」、「お楽しみ」

★演者プロフィール
pict-hakushu.jpg
桃月庵 白酒 (とうげつあん はくしゅ)
本名 愛甲 尚人 (あいこう なおと)
生年月日 1968年 12月 26日
出身地 鹿児島県
出囃子 江戸
紋 裏梅 葉付き三つ桃

芸歴 平成4年3月 早稲田大学 社会科学部除籍
平成4年4月 五街道雲助に入門 前座名「はたご」
平成7年6月 二ツ目昇進 「喜助」に改名
平成17年9月 真打昇進 三代目「桃月庵白酒」を襲名
       
初高座 1992年 06月
場所 鈴本演芸場
演目 道灌
CD、DVD、
書籍など CD「桃月庵白酒 富久・臆病源兵衛」(ワザオギレーベル)
得意ネタ 持ちネタすべて
受賞 平成十一年 北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞
平成十七年 第十回林家彦六賞受賞
平成二十年 平成十九年度花形演芸大賞「銀賞」受賞
平成二十三年 平成二十二年度花形演芸大賞「金賞」受賞
趣味 ポタリング 作務衣収集 音楽鑑賞(ブルース・プログレ・ロック全般) 映画鑑賞(コメディーもの カウリスマキもの ヒッチコックものetc.)
自己PR いずれは人間国宝になりたいと思っております。
ホームページ http://www.geocities.jp/tougetuan/

<イントロダクション>
落語と映画、至福のコラボレーションイベント、寄席愚離粗無亭。
毎回、お題に関連した映画と落語を組み合わせ、いっぺんに両方堪能していただこうという贅沢な落語映画会です。
第十六回は盲目の人、失明しかけている人を主人公にしたお噺をテーマにお届けします。
映画は「パンズ・ラビリンス」のスペインの鬼才ギレルモ・デル・トロが製作したサスペンス「ロスト・アイズ」。
「暗くなるまで待って」、「見えない恐怖」、「らせん階段」など盲目の美女たちが謎の人物に狙われる名作群の系譜に名前を連ねるであろう、今夏公開されたばかりの秀作スリラーです。
落語は先代桂文楽の十八番として有名な盲人噺の名作「景清」をお馴染み平成の名人三代目桃月庵白酒師匠が熱演してくださる予定です。
もう一席は当日のお楽しみ!
もちろん、終演後恒例の師匠を囲んでの懇親会も開催。
今回は師匠も大好物のしし鍋をご用意します。
師匠の気さくなお人柄に触れることの出来る希少な機会ですので、こちらもぜひご参加のほどを!
独演会も毎回満員御礼で、人気・実力とも絶好調の白酒師匠が全席かぶりつきで聴けるのはザ・グリソムギャングだけ。
21席札止めご容赦、ご予約はお早めにどうぞ!!

<タイムテーブル>
15時開演 落語「お楽しみ」
15時40分 映画「ロスト・アイズ」上映
17時40分 休憩
17時50分 落語「景清」
18時30分頃終演予定
終演後、19時頃よりバースペースにて白酒師匠を囲んでのしし鍋懇親会あり(要別途会費)
21時頃散会予定

<木戸銭>
前売予約4000円 当日4500円
懇親会参加込み 10000円(飲み放題付 前売予約のみ)
※なお、懇親会のしし鍋は一鍋4名様でお召し上がりいただく形となります。
他のお客様とご相席になることを予めご了承のうえお申し込みください。

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「寄席予約」とし、お名前・人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

シネマ★カクテルVol.23 副音声付上映会“盲目のヒロイン&ヒーローたちを語ろう”「ロスト・アイズ」


シネマ★カクテルVol.23 副音声付上映会
“盲目のヒロイン&ヒーローたちを語ろう”「ロスト・アイズ」
pict-339555_01_07_02.jpg

<開催期日>
12月3日(土)

<上映作品>
「ロスト・アイズ」
(2010 スペイン 製作ギレルモ・デル・トロ他 監督ギリェム・モラレス 主演ベレン・ルエダ ルイス・オマール)

<ストーリー>
先天的な眼の病気で徐々に視力を失う運命にある女性、フリア。ある日、すでに視力を完全に失い、角膜手術を終えたばかりの双子の姉サラが自殺したことを知らされショックを受ける。しかし、その死に不審なものを感じたフリアは、独自にサラの周辺を調べ始めることに。次第に明らかとなる驚きの事実。その一方で、フリアの視力はどんどん失われていく。やがてフリアは、自分が姉と同じ道を辿っていることを自覚し、恐怖を増幅させてしまうのだが…。
公式サイト http://www.facebook.com/losteyes.movie

<イントロダクション>
シネマ★カクテル2011年度の最後を飾るのは、今年6月に公開され、一部の映画ファンから密やかな支持を得たスペイン産サスペンス・スリラー「ロスト・アイズ」をお届けします。
「パンズ・ラビリンス」のスペインの鬼才ギレルモ・デル・トロが製作に名を連ね、新人ギリェム・モラレスが脚本・監督を務めた「盲人スリラー」の秀作です。
今回はグリソム初の試みとして、視覚障害者の皆様にもお楽しみいただけるよう、俳優の檀鼓太郎さんによる副音声付上映会として開催します(上映に当たっての注意事項をよくお読みになって下さい)。
上映後に「盲目のヒロイン&ヒーローたちを語ろう」と題したトークショーを、音声解説の大ベテラン檀鼓太郎さんと、話題の新作「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」公開を間近に控えたグリソム最多ゲストの脚本家金子二郎さんをお招きして行います。
古今東西、古くは日本の「座頭市」シリーズから、そのハリウッド版リメイク「ブラインド・フューリー」、本作同様盲目のヒロインが活躍する「暗くなるまで待って」、「見えない恐怖」,
「瞳が忘れない/ブリンク」など、盲人が主人公、あるいは印象的な作品を取り上げ、大いに語り合います。
終演後にはバーで鍋を囲みながらの懇親会も行いますので、師走の喧騒を忘れて映画談議で盛り上がりましょう!

<ゲスト・プロフィール>
kotarou.jpg
檀 鼓太郎(だん こたろう)
東京出身。
TV番組制作に係わった後、舞台俳優に。
劇団「みなと座」を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも~無冠のドン・キホーテ」にサンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による「兵士の物語」、川越フィルハーモニーとの共演のよる「ピーターと狼」などの”音楽劇”の語り・演出なども手がける。
2002年より、朗読ワークショップ(Doku-Dan)を開講。
2003年より、演劇活動の合間に”語り”の技術を活かしたライブ音声ガイド・ボランティアとして活躍。
これまで劇場で解説した作品は約30本。
障害者福祉会館でのDVD鑑賞を加えると、のべ70本以上の作品をすべてライブの解説で行っている。

金子 二郎(かねこ じろう)
1962年、東京都出身。
東京都立調布南高等学校、東洋大学文学部英米文学科卒業。日本脚本家連盟会員。
父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝である。兄は映画監督の金子修介。一時期、金子弦二郎の名義で執筆。
代表作に「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」(1999年 金子弦二郎名)「The iDol」(2006年)「Girl's BOX ラバーズ☆ハイ」(2008年)などの劇場映画の他、「ウルトラマンマックス」「百鬼夜行抄」「ケータイ捜査官7」などテレビシリーズ多数。
昨年10月、当館で初の特集上映会を開催、好評を博した。
新作映画「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」がいよいよ12月ロードショー公開決定。
<ジロッカーの世界征服計画 密かに世界征服を企む脚本家金子二郎のブログ>http://blog.livedoor.jp/jirocker_guitar/

<タイムテーブル>
15時~映画「ロスト・アイズ」上映
    副音声解説 檀 鼓太郎さん
17時~休憩
17時15分~トークショー「盲目のヒロイン&ヒーローたちを語ろう」
ゲスト 檀鼓太郎さん(俳優)、金子二郎さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2000円 当日2500円
身障者割引(前売予約のみ) 1000円(介護者1名まで適用)
懇親会費(飲み放題付)4000円(身障者、及び介護者は500円引き)

※上映にあたっての注意事項
・身障者の方は必ず介護の方とお越しください。
・身障者の方の当日受け付けはお断りしますので、必ず12月2日までにご予約の上お越しください。
・車椅子スペースはございませんのでご注意ください。
・大変小さなシアターにつき、映写室での音声解説音が客席に漏れることがございます。一般のお客様は予めご了承ください。

<予約方法>
メールにて承ります。
予約メールアドレス cineka2@yahoo.co.jp
※先着順に受付します。
予約メールにはタイトルを「ロストアイズ予約」とし、お名前・人数・一般or身障者割引・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上お送りください。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合、予約メールが届いていない可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。
☆Gメールでのご予約は受付かねますので、他のアドレスをご利用ください。
☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
また、開催日間際のキャンセル、あるいは当日キャンセルの方は次回から予約受付不可となる場合がございますので、予めご了承のほど願います。

プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。