スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“日活100周年プレ・イベント”「藤井克彦監督幻の初期作品2本立て!」


“日活100周年プレ・イベント”「藤井克彦監督幻の初期作品2本立て!」

<開催期日>
9月23日(金・祝)~25日(日)

<上映作品>
「OL日記 牝猫の匂い」(1972 監督藤井克彦 主演中川梨絵 嵯峨正子〈山科ゆり〉)
※監督所蔵16ミリフィルムでの上映。他所ではご覧いただけません。

「大江戸性盗伝 女斬り」(1973 監督藤井克彦 脚本桂千穂 撮影前田米造 主演小川節子 宮下順子  丹古母鬼馬二
※35ミリニュープリント版での上映。

<イントロダクション>
来年100周年を迎える日活。
そのプレ・イベントとして様々な日活映画特集を開催してきたザ・グリソムギャングですが、ついにそのハイライトとも言うべき企画が始動しました!
日活ロマンポルノ、日活児童映画とその両分野で一時期の日活の屋台骨を支えた藤井克彦監督、監督デビュー作を含む初期作品2本立て一挙上映会です。
藤井監督作品の多くは、特にもっとも脂ののっていた70年代前半の作品はプリントがほとんどジャンクされ、またソフト化もされず、永らくその真価を問う機会を失ってきました。
しかし、記念すべき監督デビュー作「OL日記 牝猫の匂い」の16ミリプリントを監督自ら所蔵していたことがわかり、今回特別に日活の了承を得て上映することが可能となりました。
30年前のプリントなのでやや退色していますが、当時文芸志向だった藤井監督の才気と、日活移籍間もなかった主演の中川梨絵の魅力を十分味わうことができます。
あくまでも特別上映なので、今後ニュープリントを焼かない限りスクリーンで観る機会はないと思われます。
そして、初期作品中、監督自薦の一本「大江戸性盗伝 女斬り」をなんとニュープリント化して併映。
多くのファンが渇望し、また脚本を手がけた桂千穂さんが「タランティーノに誉められたより嬉しい!」と、その復活を待ち焦がれた幻のカルト作品です。
いずれも未ソフト化の貴重作品ですが、この豪華2本立てに加え、連日藤井克彦監督と「大江戸性盗伝 女斬り」のスタッフ・キャストの皆さんを日替わりでお迎えしてのトークショーを開催。
初日23日は自らの代表作と公言して憚らない脚本家の桂千穂さん、24日は初期の藤井克彦監督作品ではお馴染みの名バイプレイヤー丹古母鬼馬二さん、25日は藤井克彦監督とは名コンビであった前田米造撮影監督をお迎えして、日活ロマンポルノ最盛期の思い出をたっぷりと語り合っていただきます。
グリソムだけのスペシャルイベント、ロマポファンならずともこの機会をお見逃しなく!

<ゲストプロフィール>
藤井克彦(ふじい かつひこ)
1934年 広島県出身。
1958年慶應義塾大学文学部卒業後、日活撮影所助監督部に入社。
蔵原惟繕監督の『われらの時代』、森永健次郎監督の『潮騒』、マキノ雅弘監督の『日本侠客伝』などにつく。
1971年8月、日活の製作一時中止、11月からのロマンポルノ路線、監督若返りで監督に昇進。
監督第1作作『OL日記・牝猫の匂い』が警視庁保安一課に(わいせつ物陳列罪)で摘発され、翌年日活ロマンポルノ裁判に発展、猥褻裁判の被告となった。猥褻裁判は1980年に高裁で無罪が確定した。
日活ロマンポルノの主力監督の一人として活躍し1980年フリー。
1983年からテレビ映画も手掛ける。
児童映画も手掛け1976年に撮った『四年三組のはた』や1985年の『まってました転校生!』は、いずれも海外の児童映画賞を受けた。

桂千穂(かつら ちほ)
katura
1929年、岐阜県出身。
早稲田大学文学部卒業。
大学時代に知り合った、紀田順一郎、大伴昌司と日本初の怪奇小説の同人誌を発行。
その後、第21回新人シナリオ・コンクールに「血と薔薇は暗闇のうた」で入選、『薔薇の標的』(72)で映画デビュー。
以後、『暴行切り裂きジャック』(76)、『HOUSEハウス』(78)などの映画脚本のかたわら、映画批評、小説、翻訳などの分野でも活躍。
著書に「スクリプター・女たちの映画史」「にっぽん脚本家クロニクル」など。

丹古母鬼馬二(たんこぼ きばじ)
kibaji
1950年、広島県出身。
高校中退後、アングラ劇団に参加。
その後、にっかつロマンポルノや大作映画、特撮テレビ番組、テレビドラマ等、多くの作品のバイプレーヤーとして活躍。
1983年、八名信夫(主宰)、関山耕司、榎木兵衛、山本昌平、岩城力也等と、悪役俳優集団「悪役商会」の結成に参加しマスコミの話題を呼んだ。中核メンバーとして活躍したが、現在は脱退している。 
強烈な個性を放ち現在もドラマ・映画の他、バラエティー番組『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』や石ノ森章太郎作品にも多数出演している。

前田米造(まえだ よねぞう)
maeda
1935年生まれ。
1954年、撮影助手として日活撮影所に入社し経験を積む。
1972年、『たそがれの情事』(西村昭五郎監督)でカメラマンとしてデビューし、以降様々な作品の撮影を手掛ける。
1985年、『それから』(森田芳光監督)で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞し、1990年には『天と地と』(角川春樹監督)で同じく日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した。
2007年には芸術文化に対する多大なる貢献を讃えられ旭日小綬章を受章。
70歳を越えてなお現役で活躍し続ける日本映画界屈指の撮影監督である。
日活芸術学院映像科専任講師・顧問。

<タイムテーブル(連日)>
14時~「OL日記 牝猫の匂い」16ミリ秘蔵版上映
15時10分~休憩
15時30分~「大江戸性盗伝 -女斬り-」35ミリニュープリント版上映
16時50分~休憩
17時 トークショー 
ゲスト 藤井克彦監督
日替りゲスト 23日 桂千穂さん(脚本家)
         24日 丹古母鬼馬二さん(俳優)
         25日 前田米造撮影監督
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

<チャージ(全日共通)>
前売予約4000円 当日4500円
懇親会費は当日お尋ねください
★なお、今回は特別興行につき、予約キャンセルにつきましては80%のキャンセル料が発生します。
ご予約の際はくれぐれもご了承のうえ、ご予約下さるようお願い申し上げます。


■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「藤井予約」と題し、希望日時・お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。


スポンサーサイト

桜井浩子さん出版記念上映会!!

朝日映劇Presents  
 
ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

ヒロコ
ウルトラの女神誕生物語

出版記念映画上映&
桜井浩子さんトークイベント&即売サイン会開催!


上映作品「お姐ちゃん三代記」
昭和38年  監督 筧正典
(桜井浩子さんのスリーチャッピーズ時代の主演映画


2011年9月19日()15時~開催!

<イントロダクション>
この7月に「ウルトラQ」「ウルトラマン」でヒロインを演じた桜井浩子さんの自伝「ヒロコ ウルトラの女神誕生物語」が出版されました。
今まで語られることが少なかった雑誌モデル時代、そして東宝の新人3人娘・スリーチャッピーズ時代の秘話が
余すことなく書かれています。
この本の出版を記念して「『ウルトラ』以外の桜井浩子」の魅力を再認識していただきたく、
スリーチャッピーズ時代の主演映画「お姐ちゃん三代記」を上映し、桜井さんから本に書ききれなかったお話を
うかがっていきます。
当日は本の即売サイン会も開催!

追加情報、最新情報等、詳しくはグリソムギャングHPでご確認ください!

☆ トークイベント終了後、ゲストとの懇親会(料金別途・5000円 料理付き ドリンク飲み放題)を予定

<トークゲスト>
桜井浩子さん

「ウルトラQ」江戸川由利子、「ウルトラマン」フジアキコ隊員役

<タイムテーブル>
9月19日(
15時 「お姐ちゃん三代記」上映
16時30分 休憩
16時50分よりトークイベント
ゲスト 桜井浩子さん
質問タイム、サイン会あり
19時ごろイベント終了予定

※イベント終了後、桜井浩子さんを囲んでの懇親会あり。(要料金別途)

<料金>
予約 3000円 当日3500円
懇親会費 5000円(飲み放題付)

<予約について>……メール受け付けます。注意事項をよくお読みになってご予約願います。
☆メール asahi@j-kinema.com
○メール件名:「桜井浩子」予約でお願いいたします。
○メール本文:人数、代表者のお名前、連絡先電話番号、本をご購入の方は本の冊数
 を本文に明記してください。
○必ず上記メールアドレスからの返信が受信できる設定にしてお申し込みください。
○返信に多少のお時間をいただくことがあります。
○お申込が定員に達し次第、予約を締め切ります。お早めにどうぞ。
○イベント料金は会場で当日清算です。

☆なお、トークイベントはやむを得ぬ事情で中止になる場合がございます。その際に生じた
如何なる損害(例:交通費、宿泊費、有休等)につきまして当店では一切責任を負いかねますので、
特に遠方よりお越しの方は予めリスクをご了承の上ご予約下さい。

☆グリソムギャングでは予約を受け、イベント当日に料金をいただく興行を主として運営しています。
イベントによってはキャンセル待ち登録のお客様がいらっしゃる場合もございます。
予約をキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。皆様のご理解をよろしくお願いいたします
☆イベントゲスト、内容は止むを得ない事情により変更になる場合があります。
☆上映開始後の入場は他のお客様の迷惑になりますのでお断りする場合がございます。
予めご了承ください。

シネマ★カクテルVol.21 “奴隷貿易を語ろう”「アメイジング・グレイス」

シネマ★カクテルVol.21 “奴隷貿易を語ろう”「アメイジング・グレイス」
アメイジング1

<開催日>
9月17日(土)

<上映作品>
「アメイジング・グレイス」(2006 英 製作テレンス・マリック他 監督マイケル・アプテッド 主演ヨアン・グリフィズ アルバート・フィニー)

<ストーリー>
8世紀のイギリス。博愛精神にあふれた青年ウィリアム・ウィルバーフォースは、イギリスの収入の多くが奴隷貿易によるものであることに心を痛めていた。若くして国会議員となったウィルバーフォースだったが、すべての人々の心の救済を信仰に求めて聖職者の道を選ぶべきか思い悩んだとき、政治の世界にとどまるよう後押ししたのが恩師である牧師ジョン・ニュートンだった。かつて奴隷船の船長をしていたニュートンがその罪を悔いて作詞したのが『アメイジング・グレイス』。ウィルバーフォースはこの曲を心の支えに、政治家として奴隷貿易廃止を懸命に訴え続けるのだったが…。
公式HP http://www.amazing-movie.jp

<イントロダクション>
シネマ★カクテル第21弾は5年前に製作されながら内容の地味さから公開が見送られ、今年3月にようやく封切られた「アメイジング・グレイス」を上映します。
18世紀のイギリスを舞台に、恩師が作詞した『アメイジング・グレイス』を心の支えに、奴隷貿易廃止に尽力した政治家ウィリアム・ウィルバーフォースの半生を名匠マイケル・アプテッドがじっくり撮りあげた伝記映画の秀作です。
ウィリアム・ウィルバーフォースを演じるヨアン・グリフィズの熱演はもちろんのこと、アルバート・フィニー、ルーファス・シーウェル、マイケル・ガンボン、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズら英国実力派俳優陣の豪華競演も見応えたっぷりの歴史ドラマ。
上映後のトークショーでは、西洋の奴隷貿易について研究発表を続けている明星大学経済学部経済学科の児島秀樹先生をお招きし、物語の背景についてわかりやすくレクチャーしていただきます。
奴隷貿易という負の歴史にメスを入れた本作をより深く理解し、楽しむことが出来ること請け合いのスペシャルイベント。
シルバーウィーク初日は「アメイジング・グレイス」で芸術の秋を堪能しましょう!

<タイムテーブル>
15時~映画上映
17時10分~休憩
17時20分~トークショー「奴隷貿易を語ろう」
ゲスト 明星大学経済学部経済学科 西洋経済史担当 児島秀樹先生
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり

<チャージ>
前売予約2000円 当日2500円
懇親会費4000円(飲み放題付)

予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「アメイジング予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。

脚本家高田純さん追悼上映会「河内のオッサンの唄」

脚本家高田純さん追悼上映会「河内のオッサンの唄」

pict-C0000010817_16_20110807010017.jpg
©東映

<開催期日>
9月10日(土)

<上映作品>
「河内のオッサンの唄」(1976年 東映 脚本関本郁夫&高田純 監督斎藤武市 出演川谷拓三 夏純子 ミヤコ蝶々)

<ストーリー>
河内松原に住む“河内のオッサン”こと徳田松太郎こと通称、徳松は三十過ぎて、まだ一人者の白タクの運転手。喧嘩早くて、粗骨者だが、河内男の心意気を身につけた好漢である。徳松は、当然のごとくバクチ好きだが、残念ながらバク才はない。ライバルの地主の息子、忠三郎のカモになって、いつも身ぐるみ剥がれて丸裸の朝帰りである。そんな徳松にでも好意を寄せる女がいる。花火工場に勤める花子は、徳松にバクチをやめさせようと常々忠告するのだが、自らバクチの天才と思い込む徳松には馬耳東風である。ところがある日、その徳松にどうした風の吹きまわしか、一世一代のツキがまわって来た・・・。

高田純(たかだ じゅん)
1947年12月11日-2011年4月21日。享年63。
長崎県出身。
慶應義塾大学文学部在学中に松原敏春に弟子入りし、コント番組のギャグなどを手掛ける。
卒業後はスポーツニッポン、週刊プレイボーイ、週刊朝日などで、東映実録路線、日活ロマンポルノ等を中心に映画批評を担当、若手映画評論家として注目を浴びる。
1973年に『必殺色仕掛け』(日活)で脚本家デビュー後はシナリオライターに転じ、劇場作品やサスペンスドラマを中心に活動した。
2011年4月21日、心不全のため死去。
主な映画作品
「必殺色仕掛け」(1973年)
「卓のチョンチョン」(1974年)
「安藤昇のわが逃亡とSEXの記録」(1976年)
「河内のオッサンの唄」(1976年)
「餌食」(1979年)
「スーパーGUNレディ ワニ分署」(1979年)
「ダンプ渡り鳥」(1981年)
「ピンクのカーテン」(1982年)
「いつか誰かが殺される」(1984年)
「恋文」(1985年)
「離婚しない女」(1986年)
「メロドラマ」(1988年)
「BEST GUY」(1990年)
「人間交差点 不良」(1993年)
「JOKER 疫病神」(1998年)

<イントロダクション>
今年4月に急逝された脚本家高田純さん。
昨年末、当館で行われた「ピンクのカーテン」上映会にゲストでお越し下さった時は、次回作への意欲満々のご様子だっただけに、突然の訃報にはただただ驚かされるばかりでした。
まだ63歳の働き盛りだっただけに、その早すぎる死は悔やまれてなりませんが、高田さんが手掛けた映画の数々はこれからもテレビやスクリーンで生き続けることでしょう。
今回は高田さんの東映時代のヒット作品「河内のオッサンの唄」を上映、共同脚本を務め、長きに渡って親交を結んできた関本郁夫監督と、にっかつの後輩にあたる脚本家山田耕大さんをお招きし、在りし日の高田さんとの思い出を語り合っていただきます。
コメディ、アクション、ポルノ、文芸作品と幅広く活躍された職人脚本家を偲んで、皆様もぜひ献杯を捧げに来てください。

<ゲストプロフィール>
関本郁夫(せきもと いくお)
1942年、京都府出身。
1961年、京都市立伏見工業高等学校建築科卒業後、東映京都撮影所製作部美術課に入社。
その後演出部に転属し、1973年に監督デビュー。
1983年東映を退社後はフリーランスとなって、しばらくは東映作品から遠ざかり、松竹・にっかつ作品、テレビドラマを多数手がける。そして「東雲楼 女の乱」にて東映作品に復帰する。
代表作に「札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥」(75)、「好色元禄(秘)物語」(75)、「およう」(02)などがある。


山田耕大(やまだ こうた)
1954年、愛知県出身。
東京大学経済学部卒業後、にっかつ入社。
にっかつ企画部にて多数のロマンポルノ作品のプロデュースを行い、後に独立して映画製作会社「メリエス」を設立。
数多くの映画をヒットさせた。「こがねみどり」の別名で脚本を書いたこともあった。
現在はシナリオライター業に専念している。
主な代表作に「コキーユ-貝殻-」(98)、「クロスファイア」(00)、「ごめん」(02)、「あの空をおぼえてる」(08)、「死にゆく妻との旅路」(10)などがある。

<タイムテーブル>
15時~映画上映
16時40分~休憩
16時50分~トークショー「高田純さんを偲んで」
ゲスト 関本郁夫監督山田耕大さん(脚本家)
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを交えての偲ぶ宴あり(要別途会費)

<チャージ>
前売予約2500円 当日3000円
偲ぶ宴会費4000円(飲み放題付)

予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「高田純予約」と題し、お名前・参加人数・偲ぶ宴参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。


日活100周年プレイベント「大巨獣ガッパ」上映会

ザ・グリソムギャング(with 朝日映劇)presents
日活100周年プレ・イベント「大巨獣ガッパ」上映会
がっぱ2
                                                                copyright 日活

<開催期日>
9月3日(土)

<上映作品>
「大巨獣ガッパ」(1967年 監督 野口晴康 出演 川地民夫 山本陽子 藤竜也 町田政則)

<ストーリー>
南洋のオベリスク島にやってきた探検隊は、その地でガッパという怪獣の子供を発見した。彼らは研究のため、子ガッパを日本に連れ帰る。そして子供を奪われた親ガッパたちが、子供のテレパシーをたどり日本に上陸してくる。防衛軍はただちにこれを迎撃するが、ガッパは熱線を吐いて街を壊滅状態に追い込んでいく……。

<イントロダクション>
来年100周年を迎える日活の功績を振り返ってきた100周年プレ・イベント、その第三弾は日活史上唯一の怪獣特撮映画「大巨獣ガッパ」を上映します。
2011年、ぞろ目の今年は「ガッパ誕生44周年」「日活創立99周年」。
「ラドン誕生55周年祭」に続くグリソムギャングの特撮イベントは第1次怪獣ブームの真っただ中の昭和42年に公開された日活唯一の怪獣映画「大巨獣ガッパ」をチョイスしました。
注目のトークゲストは今年77歳の喜寿を迎えられたゴジラシリーズの特技監督・中野昭慶監督というぞろ目ずくしのイベントにふさわしい方をお迎えします。
東宝特撮の監督は当時どのような思いで他社の特撮作品をご覧になっていたのか?

同時に翌月10月に誕生日を迎えられる中野監督の喜寿のお祝いをさせていただきます。
ご自身の映画人生の思い出も語っていただきたいと思っています。
他の特撮イベントでは聞けない話が飛び出す可能性が高いこのイベント、ディープな特撮ファンは
見逃さないよう、ご注意ください!

<ゲストプロフィール>
中野昭慶(なかの てるよし)
1935年、満州安東出身。
1959年、日本大学芸術学部を卒業し、東宝砧撮影所に入社。
1962年、円谷英二特撮監督に師事して東宝特殊撮影技術班の助監督となり、1969年、クレージーキャッツ主演の『クレージーの大爆発』で特技監督デビュー。
1971年、東宝を退社した2代目特技監督の有川貞昌に代わって、東宝3代目の特技監督に就任。
1970年代以降の東宝製作の特撮映画の特撮監督として活躍。「ゴジラシリーズ」や『日本沈没』等のパニック物、『連合艦隊』、『大日本帝国』等の戦争物、『火の鳥』をはじめとするファンタジー映画を演出。
1981年、フリーの特技監督となり、東映の戦争三部作を演出。
1984年、約10年ぶりに復活したゴジラ映画『ゴジラ』で、恐怖の存在としてのゴジラを演出。
1985年、金正日の招きで北朝鮮を訪れ、怪獣映画『プルガサリ』の特撮監督を務めた。

<タイムテーブル>
15時~映画上映
16時35分~休憩
16時50分~トークショー ゲスト 中野昭慶特技監督
19時頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり

<チャージ>
前売予約3000円 当日3500円
懇親会費4000円(飲み放題付)

■予約について
※ご予約はメールでのみ承ります。
cineka2@yahoo.co.jp
「ガッパ予約」と題し、お名前・参加人数・懇親会参加の有無・連絡先を明記の上、お申し込み下さい。
折り返し予約確認メールを差し上げます。
2,3日中に予約確認メールが届かない場合は店舗までご連絡ください。
なお、Gメールでのご予約は受け付けかねる場合がございますので、恐れ入りますが別のアドレスをご利用ください。

プロフィール

ザ・グリソムギャング支配人

Author:ザ・グリソムギャング支配人
座席数21の手作りミニシアター「ザ・グリソムギャング」の上映予定です。

新着情報の記事の中の項目をクリックすると詳細な上映情報に切り替わります。

「最新記事」の項目をクリックすると上映情報ごとの表示になります。

「月別アーカイブ」をクリックするとその月の上映情報になります。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。